今年こそ浴衣の着付けを初心者でも挑戦!そのためのポイントとは?

スポンサーリンク
七夕・浴衣
スポンサーリンク

浴衣の着付けを上手にするには
どんなコツやポイントがあるんでしょうか?

 

 

普段なかなか着慣れないものだから、
夏祭りや花火大会でいざ浴衣を着ようと思っても、

なかなかキレイに着こなせないですよね。

 

 

そこで今回は、浴衣初心者の人におすすめしたい!
キレイに浴衣を着付けるためのポイントを紹介します。

 

スポンサーリンク

浴衣の着付けにタオルが必要とは?使う理由とタイミング

浴衣はもちろん着物をキレイに着付けるには、
体形補正をした方がいいんですよ。

 

 

体形補正とは、
タオルを使って体の凹凸をなくし、寸胴体形にすること
を言います。

 

 

つまりタオルを体のへこんでいる場所に巻き付け、
出っ張っている部分と同じ体形にすることですね。

 

 

もともと着物類って、寸胴体形の方が
すごく気つけやすく似合う衣服なので、

本来であれば着物を着る時に
着ける和装ブラなどもカップが入っておらず、
胸をなだらかにするように作られているんですよ。

 

 

 

もちろん浴衣を着る時でしたら、
和装ブラなど本格的な下着はなくても大丈夫です。

 

 

ただ、ウエストがくびれていたり、
胸が大きい人は、
お腹や胸の下辺りにタオルを巻き、

なるべく寸胴な体形にするようにしましょう。

 

 

体形を補正しておいた方が、
浴衣もキレイに着こなせるし、
着崩れしにくくなるのでとってもおすすめなんです。

 

 

タオルは浴衣を着る前、下着やインナー、
肌襦袢などを見に着けてた後、

ウエスト周りに巻いていきましょう。

 

 

バスタオルではなく、顔や手を拭く時に使うような、
横長のフェイスタオルがいいですね。

 

 

フェイスタオルを細長くなるように三つ折りにして、
胴体に巻き付けるんですが、
腰紐をタオルに通して巻き付けると、

しっかりと体にフィットするのでおすすめですよ。

 

 

詳しいタオル補正の仕方は、
下記の動画を参考にしてみてください。

 

 

 

筆者も着付けを習っていた時、タオルで補正をしましたが、
身長が高い方なので、フェイスタオルを
3枚くらい使って補正してました。

 

 

浴衣を着る時はぜひ、自分の体形に合わせて、
タオルでしっかりと補正をして寸胴にしていきましょう。

 

浴衣の着付けに帯板は必須なワケとは?プロが解説

 

浴衣の着付け帯を結ぶ時に、
帯板はあった方が良いでしょう。

 

 

もちろんなくても帯を結ぶことはできます。

 

帯板がないと結んだ後の仕上がりが
悪くなってしまうんですよね…。

 

 

帯板って帯と帯の間に挟んで使い、
浴衣の前にきた帯にシワがよらないようにするものなんです。

 

 

でも帯板を使わないと、
帯の前部分にシワがよってしまい、
前から見た浴衣姿がちょっとみっともなくなってしまいます。

 

 

正面からの姿もキレイに見せて、しっかりと着こなしたいなら、
帯板はぜひともあった方が良いですよ!

浴衣の着付けに不安な初心者へ!おすすめはプロに依頼しよう

 

 

まとめ

浴衣の着付けをキレイにするには、
タオルで体の凹凸をなくし、寸胴体形にするのがポイント。

 

 

すると着付けもしやすくなるし、
着崩れにくくなるのでぜひ試してみてくださいね。

 

 

また、帯板は正面からみた姿をキレイに見せるためにも必要。

 

 

ぜひタオル補正と帯板を活用して、
浴衣を着こなしましょう!

七夕・浴衣
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?