冬の部屋の最適な湿度はどれくらいなん?コレだけは知っておきたい!

スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは^^ミッキーです!

 

冬になると、
部屋が乾燥してのどがイガイガしたりするんだよね。

 

湿度を上げるとイイのは知ってるけど、
ベストな湿度ってどれくらいなのか知りたいです!

 

そこで、冬場の部屋の最適な湿度がどのくらいなのか、
ご紹介します。

 

スポンサーリンク

最適な湿度はどれくらい?

健康で
尚かつ快適に生活していくベストな湿度は、50%
言われています。

 

湿度が40%以下になると、
空中に漂う粉じんの飛散が多くなり、
細菌も増えてきます。

 

静電気が発生して、皮ふや呼吸器にも影響を受けやすいです。

 

また、のどがイガイガしたりとウイルスの活動が盛ん。

 

湿度が60%以上に高くなると、
逆にカビやダニが発生して、食中毒にも要注意!

 

夜間に気温が下がった時、
部屋の湿度を60%まで上げちゃうと、
結露が起きやすくなります。

 

湿度って、カラダで実感できないモノなので、
必ず湿度計を置いて測りましょう

 

正確な湿度がわかってイイですよ。

 

部屋の湿度を保つには?

部屋に湿度計を置いて、濡れタオルを干すのがいいです!

 

ちなみにファンヒーターを置いてますが、
湿度計は一定を保ってます。

 

コレがお金がかからなくていちばん効率的!

 

また、入浴から出た後、
お風呂のドアを開けておくだけで、
カンタンに湿度を上げられます。

 

まとめ

ベストな湿度を知って、
のどのイガイガを追い出して潤いを保ちましょう^^

 

日本って湿度が一年を通じて高めですが、
最適な湿度を知っておくと便利!

ライフスタイル
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?