悪口言わない人は友達少ない?!悪口も時には必要な理由

生活

子供のころから、親や先生に人の悪口は
言ったらだめだよ。といわれてきましたよね。

 

悪口なんて言わない方が良い!というのは
当たり前なんですが、

実は悪口って時には必要なこともあるんですよね。

 

矛盾してる!と思いますが、
悪口を言わない人って
友達が少ないことも多いんです。

 

悪口を言わないなんて性格がいいから、
友達が多そうなのに不思議じゃないですか?

 

なぜ悪口を言わない人は友達が
少ないんでしょうか。

生きてりゃ悪口の一つはある!悪口言わない人との会話はつまらない・・・?

生きている中で、人と関わってきて
嫌なことが全くない!

 

皆いい人!って思っている人なんて
いないですよね。

 

どれだけいい人でも完璧な人はいません。

 

どうしても、嫌な部分ってあるんですよね。

 

その嫌な部分に対して悪口を言う・・・

 

それを他の人たちと共感しあうことで、
盛り上がります。

 

 

もちろん、共感できないことをする必要は
ありません。

 

1つも悪口を言わない、という人と
話していても面白くないな~なんて
思われてしまうこともあるんです。

 

グループ内だと特に、悪口や愚痴で
盛り上がるなんてことも多いですからね。

 

そして、悪口を言わない人は
グループ内でも孤立してしまうんです。

 

他のグループで、自分たちの悪口を
言っているんじゃないの?なんて
思われてしまったり、話してもつまらないからと
段々と孤立してしまうんです。

⇒⇒⇒悪口を言う人が人気者な理由って?!悪口ばかりで納得できない・・・

 

悪口を言うのは関心の現れ!言わない人は無関心だと勘違いされがち?!

 

悪口を言うということは
その相手に対して関心があることなんです。

 

関心があるからこそ、嫌な部分が目に付いて
それが悪口となってしまうんですね。

 

悪口を全く言わない人は、
他人に無関心な人だと思われてしまうんです。

 

他人に対して無関心だと、
嫌な部分も目につかないので
悪口なんて出てこないですもんね。

 

ただ、他人に関心はあるし、
嫌な部分も目につくけど、悪口は
言わないようにしているだけの人も多いんです。

 

他の人から見たら無関心だから
悪口が無いのかな~なんて
勘違いしてしまうんですね。

 

まとめ

悪口は言わない方がいいはずなのに、
言わないと友達が少なくなる・・・

 

少し悲しいことですが、悪口も
話題の一つとして必要なこともあるんですね。

 

ただ、言われている人は傷ついてしまいます。

 

悪いことがあれば、
直接直してねといえるような関係性を
作りたいですね!

生活
\記事が役に立ったらシェアしてね/
みっきーをフォローする
気になる記事ある?
タイトルとURLをコピーしました