「写ルンです」を飛行機に持ち込む際の注意点

家電・通信

ここ最近、再びブームに
なりつつある写ルンです!

 

旅行などで飛行機内に持ち込みは
できるんでしょうか?

 

写ルンですにはフィルムが入っているから、
X線検査で何か影響が出ないか
心配ですよね^^;

 

そこで今回は、写ルンですを旅行に
持っていきたい人!機内へ持ち込みOKなのか!

手荷物検査時の注意点などを紹介します。

X線検査はフィルムに悪影響?写ルンですは飛行機内に持ち込みが必須!

結論から言うと、
写ルンですは
手荷物として飛行機内に持ち込みがベスト

 

預ける荷物などに入れてX線検査を受けると、
写ルンですに使われている
フィルムは高感度なので、

写真の色が薄くなったり
色味がおかしくなったり、
不自然な線が入ってしまうんですよ!

 

また、ネガにも影響が出てしまうので、
写真がやたらと粗い画質に
なってしまうんだとか。

 

せっかく旅先で思い出を残したいのに、
撮影していたはずの写真が
最悪の仕上がりだと本当にショック!

 

空港で使われているX線検査って、
ものすごく強度が高いX線が出るので、

写ルンですに限らず、
フィルムカメラは手荷物として、
飛行機内に持ち込んでしまうのが安心です。

 

 

でも確かに、カメラは頻繁に使うから、
スーツケースに入れて預けてしまうよりも、

手荷物として持っていた方が
何かと好都合ですよね。

 

空港で記念写真を撮ることもできますし便利!

 

スーツケースに入れてしまうと、
取り出すのが面倒なので、
カメラ類は手荷物として持っておきましょう!

「写ルンです」のハウツーマニュアル!どこで買えるん?現像は?

 

写ルンですは空港の手荷物検査では必ず申告を!

 

写ルンですを手荷物として空港内に持ち込むと、
搭乗前に機械を通してX線検査を行います。

 

ただし手荷物検査で使われるX線は
預け荷物の検査よりも弱いので、

フィルムにそこまで影響はでないでしょう。

 

でもやっぱりフィルムへの影響が
気になりますよね。

 

 

心配な時は手荷物検査の係員に、
フィルムカメラが入っていることを
伝えましょう

 

そうすればX線の機械を通さずに、
係員の目視で
手荷物検査をしてもらえる場合もあります。

 

 

X線の影響を受けないようにする
防護袋があるんですが、
写ルンですを入れてしまうと、

検査の時に中身が分からなくなるので、
余計に手荷物検査に時間がかかってしまいます。

 

 

もしくは、なんどもX線検査を
受けることになるので、
フィルムカメラには何も入れないのがベスト!

 

ちなみに、係員に目視で
手荷物検査をしてもらう場合、

多少時間がかかる場合もあるので、
搭乗手続きは早めに済ませて、
時間ギリギリにならないようにしましょう。

 

まとめ

写ルンですは手荷物として機内に
持ち込みするのがいいですね!

預け荷物だと強度のX線を浴びるので、
フィルムに影響が
出てしまう可能性もあるんですよ。

 

手荷物検査でも弱いとはいえ
X線検査をするので、係員に

フィルムカメラが入っていることを伝え、
心配なときは目視で検査をしてもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました