台風で風が強いのはどちら側?メカニズムから紐解く納得の理由!

スポンサーリンク
大雨・台風
スポンサーリンク

台風は右側の方が風が強いと
いわれるのはなぜなんでしょうか?

よく天気予報で台風が来ると、
進路の右側に当たる地域は、
風が特に強くなると注意喚起していますよね。

そこで今回は、台風で風が強いのはなぜ右側なのかを
説明していきます。

 

スポンサーリンク

そもそも台風が渦を巻くのはなぜなの?理由は地球の自転にあり!

台風ってなぜか渦を巻いていますよね。

よく考えれば渦を巻いてやってくるのも
すごく不思議じゃないですか?

 

 

実は…台風が渦を巻くのは、地球の自転が関連しているんです。

 

もし地球が自転していない、
つまり止まっている状態でしたら、
台風は真っすぐな状態で進みます。

 

ところが、地球は自転しているため、
台風が進行しようとすると、

コリオリの力という転向力がかかり、
渦を巻いて進行していくようになるんですよ。

 

 

コリオリの力は物理に詳しい人でないと、
なかなか理解しづらいのですが、
もっと知りたい場合はぜひ、
下記のサイトを見てみてください。

コリオリの力 - 大人になってからの再学習
直進運動している物体を、回転している座標系から見ると、まるで横から力を受けているかのように軌跡が曲がってみえる。この見かけの力をコリオリの力と呼ぶ。実際に力が加わっているわけではないので、「力」という言葉を使うと、理解を妨げるような気がする。 英語では「Coriolis Effect」と呼ぶので、このような現象を指して...

 

すっごく簡単に説明するなら、地球が自転しているから、
台風が渦を巻く、というように覚えておくといいですね。

 

 

筆者もコリオリの力を調べてみましたが、
物理はちょ~苦手なのでかなりチンプンカンプンでした…(汗)。

 

より詳しく台風とコリオリの力の関連性について知りたい場合は、
ぜひ下記のサイトを参照してみてください。

 

台風はなぜ渦を巻くのでしょうか?
台風はなぜ渦を巻くのでしょうか?

気まぐれ台風の進路…進む方角はなぜ変わる?その答えは風にあり?!

 

台風の右側で風が強い理由とは?ポイントは吹き込む方向と進む方向

 

台風の進路方向で右側に当たってしまう地域は、
左側と比べてより風が強いということになります。

なぜかというと、右側は台風の速度が速い、
つまり左側に比べて、
より速いスピードで風が

台風の中心に向かって巻き込まれていってしまうんですね。

 

しかもこれに台風が進行する速度も加わるため、
より強力な風が吹き荒れることになってしまうんです。

 

イメージとしては、台風は右利きで、
周囲のものぐいぐい掴んで巻き込みながら前に進んでいく、
といったところでしょうか?

 

台風ってやっぱり本当に厄介だし、
暴風域に入ってしまうとすごく危険ですね…。

 

いずれにせよ、
右側が暴風域、強風域になることは変わりないです!

台風が日本に上陸し、
自分が住んでいる地域が右側に当たってしまうなら、
早めに強風対策をしておいた方が良いでしょう。

 

もちろん台風の左側も、右側ほどではありませんが、
やっぱり雨風が強くなるので気をつけなければいけませんよ。

 

まとめ

台風が渦を巻くのは、
地球が自転していることによって、
コリオリの力という転向力が働くからです。

 

つまり地球が自転していなければ、
台風は渦を巻いた状態にはならないということですね。

また、台風の右側は速度が速いだけでなく、
中心に巻き込む力が強いため、
右側が暴風域になりやすいんですよ。

 

台風の右側に当たってしまう地域は、
台風対策をしっかりとしていきたいものですね。

大雨・台風
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?