台風の強烈な吹き返しっていつまで吹き続ける??通過はしたけれど…

生活

台風は通過したのに、吹き返しが強くて
外出もままならない時ってありますよね。

 

 

台風の吹き返しって、
一体いつまで吹き続けるんでしょうか?

 

 

今回は、台風の吹き返しはいつまで続くのか、
場所によっては吹き返しの方が強風なのは
本当なのかを紹介します。

台風の進路に当たる地域では、むしろ吹き返しの方が 強風になるかもしれないって本当?!

台風の進路に当たる地域は、
吹き返しがとても強くなってしまうんですよ!

 

 

基本的に台風そのものは
右側の方が勢力が強いんですよね。

 

 

そのため、台風の進路方向の右側に
当たった地域は、
ものすごい台風の影響を受けることになってしまいます。

 

 

しかも台風の進路方向に当たった地域は、
台風が過ぎ去った後も吹き返しと言って、
台風の最中とは違った風向きから、
強めの風が吹くようになっていきます。

 

 

なぜ吹き返しが強いかというと、
過ぎ去っていった台風の後を追って吹くため、
とても強い風だといわれているんです。

 

 

特に台風の進路方向の右側だった地域は、
台風が来ている時も雨風が強いし、
吹き返しもまた強いので、
かなり注意が必要になってくるんですよ!

 

吹き返しって雨こそは降らないけれど、
やっぱりかなり厄介だったんですね…。

⇒⇒⇒台風で風が強いのはどちら側?メカニズムから紐解く納得の理由!

 

台風の吹き返しは要警戒!どれくらいの時間注意すればいい?

 

台風並みにとても厄介な吹き返しですが、
いつまで続き、
どれくらいの時間注意すればいいのか言うと、
およそ数時間~半日とされています。

 

 

つまり、台風が通過してから、
数時間~半日は吹き返しに注意が必要なんですよ。

 

 

数時間~半日って、結構長いですよね…。

 

 

しかも吹き返しって、
およそ風速10メートル以上もの強い風が吹き荒れます。

 

 

風速10メートル以上だと、
自転車に乗れないくらいだったり、
風に向かって歩くのが多少きつくなる程の強さなんですよ。

 

 

しかもこの強風が数時間から半日も続くとなると、
台風が過ぎ去った後も油断は禁物です。

 

 

 

やっぱり吹き返しってとても厄介だったんですね。

 

 

もし台風が上陸して、
住んでいる地域が台風の進路方向にあり、
しかも台風の右側に当たってしまったら、
特に注意が必要!

 

 

台風が上陸している最中はもちろんのこと、
過ぎ去った後も吹き返しで
最長半日は警戒しなければいけません。

 

 

どうしても台風が過ぎ去ってしまうと、
安心して油断をしてしまうんですが、
そうすると今度は吹き返しが
やって来てしまうんですよね。

 

 

吹き返しの強風で看板や植木が倒れてきたりするので、
外出時はくれぐれも周囲のものに注意しましょう。

 

まとめ

台風の吹き返しは進路、
特に台風の右側に当たった地域は、
特に強風が吹くとされています。

 

吹き返しは台風を追いかけるように吹くため、
かなり強力で、
風速10メートル以上にもなる可能性もあるんですよ!

 

しかも吹き返しは台風が過ぎ去ってから
数時間~半日も続くので、
決して油断せずに外出時は気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました