とうもろこしの保存方法は低温が鉄則!常温保存はNG?!

スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク

とうもろこしを大量にもらって、
長期保存させるには、

常温ではなく冷凍保存しておくといいですよ!

 

 

常温だとあまり日持ちしないので、
ぜひ凍らせた状態で保存しておくのがベスト!

 

 

でもとうもろこしの冷凍って、
どうすればいいんでしょうか?

 

 

美味しく解凍する方法も知りたいですよね。

 

 

そこで今回は、とうもろこしの冷凍保存方法と、
ベストな解凍の仕方をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

とうもろこしは冷凍保存で長持ち! 茹でてから冷凍すれば風味もバッチリ!

とうもろこしは常温だと2日間くらいしか
日持ちしないので、

冷凍保存しておくのが一番おすすめですよ。

 

 

では、とうもろこしを冷凍する時の手順を解説します。

 

 

  • 皮とひげを取り除いて加熱する

 

とうもろこしは皮とひげを取り除いたら水洗いし、
いつも通りに茹でるなどして加熱しておきましょう。

 

 

茹でる以外にはレンジでチンしてもOKです。

 

 

ラップに包んで500Wのレンジで4~5分ほど加熱すれば、
茹でなくても簡単にとうもろこしが温められますよ。

 

 

茹でる場合は沸騰したお湯に塩を大さじ1杯と
とうもろこし入れ、3分ほど茹でたらOkです。

 

 

でも、やっぱりレンジでチンした方が
手間なしでいいですね。

 

 

  • 水気をよく拭き取りラップとフリーザーバッグで包む

 

加熱し終えたとうもろこしは、
ザルにあけたら水気をよく拭き取り、
粗熱をしっかりとりましょう。

 

 

ラップでみっちり包み、フリーザーバッグに入れ、
空気を抜いて密封してから冷凍するといいですよ。

 

 

  • ステンレストレーで急速冷凍

 

とうもろこしはフリーザーバッグに入れた後、
ステンレス製のトレーにのせた状態で

冷凍庫に入れるといいですよ。

 

 

そうすると、とうもろこしを急速冷凍できるので
鮮度をより長く保てます。

 

 

ステンレス製のトレーがない場合は、
アルミホイルを冷凍庫の下に敷いて
その上にとうもろこしを置いてもOK!

 

 

冷凍しておくと約1ヶ月は保存できるので、
たくさん余って食べきれない場合でも安心ですね。

 

 

我が家ではついつい余ったとうもろこしを
冷蔵庫に入れてましたが、
これからは冷凍庫で凍らせて保管します。

とうもろこしを冷凍保存!解凍すれば利用価値は無限大?!

 

とうもろこしを冷凍保存!解凍するときの注意点とは?

 

冷凍したトウモロコシを解凍する時は、

自然解凍でもいいですが、
より美味しく食べるにはもう1度茹でる
こと。

 

 

まず冷凍とうもろこしは、
フリーザーバッグとラップを外したら、

水からとうもろこしを火にかけて茹でてください。

 

 

お湯ではなく水から茹でることで、
とうもろこしの水分が流れ出るのを
抑えられるので、

とってもシャキシャキしたみずみずしい状態で
解凍できますよ。

 

 

レンジの場合は新しいラップにふんわりと包んでから、
500Wで7分ほどゆっくり加熱していきましょう。

 

 

冷凍保存しておいたとうもろこしでも
美味しく解凍できますよ。

 

 

まとめ

とうもろこしは常温ではなく、
茹でて冷凍するのがベスト!

 

 

ひげと皮を取り除いたら茹でるかレンジでチンして、

水気を拭き取ったらラップとフリーザーバッグで
包んで冷凍しておきましょう。

 

 

解凍する時は、水から茹でるかラップをふんわりかけて
レンジでチンするのがコツ。

 

 

そうしないと水分が抜けてしまい、
シャキシャキ食感が失われるので
くれぐれも注意してくださいね。

食べ物・飲み物
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?