トイレ掃除で黄ばみが落ちない?自分でやる方法とプロに任せる方法

家事

トイレの便器内の黄ばみって、
なかなか落ちなくて本当に困りますよね。

 

何かあっという間に除去できる方法は
ないものでしょうか?

 

また、あまりにもトイレの黄ばみがひどい場合は、
プロの業者にお任せするべき?

 

今回は、トイレの黄ばみを落とすには
どうしたらいいかを解説します。

トイレ掃除にはクエン酸と重曹! これでやっかいな黄ばみとさようなら

トイレの黄ばみは尿石、つまり
尿内のカルシウムが固まったものなんですね。

 

そのため、どんなに便器内を磨いても、
しっかりと便器内に
こびりついて結晶化してしまったため、

全然落ちることがなく、
諦めてしまう人もしばしば。

 

でもそんな厄介な黄ばみには、、
クエン酸と重曹が効果的
なんですよ!

 

では、クエン酸と重曹を
使った黄ばみ除去の手順を紹介します。

 

 

  • 黄ばみにペーパーをかぶせて
    クエン酸をスプレー

 

まず、便器内の黄ばみ部分に
トイレットペーパーをかぶせて覆います。

 

その上からクエン酸スプレーを吹きかけ、
2時間ほど放置しておきましょう。

 

ペーパーを使うことで、
クエン酸が流れ落ちることなく、
黄ばみをパックするかたちになりますよ。

 

 

クエン酸スプレーはトイレ内の床や壁など、
ニオイが気になる部分に

噴射して拭き掃除をすれば、
消臭効果も得られますよ。

 

 

ちなみにクエン酸スプレーは、
薬局やスーパーで売られているものでOK!

 

 

  • 重曹で便器内をこする

 

クエン酸スプレーをして2時間経ったら、
覆っているトイレットペーパーを外し、
重曹をたっぷりと黄ばみ部分に
振りかけていきます。

 

あとは便器内をブラシなどでこすっていけばOK!

 

重曹は研磨剤としての効果もあるので、
結晶化した黄ばみも
しっかり除去してくれますよ。

 

最後は水を流せば、黄ばみ除去完了です。

 

 

以上の手順で黄ばみはキレイになるはず!

 

クエン酸や重曹はお掃除に大活躍するので、
ぜひ家に常備しておくとイイですよ。

 

 

筆者も重曹で洗面台を掃除したところ、
汚れがすごくキレイになったので
かなり役立ちますよ!

⇒⇒⇒トイレ掃除でやっかいな黒ずみ!あなたのやり方は大丈夫?

 

大変なトイレ掃除はプロに頼むのもおすすめ!サービス内容と料金は?

黄ばみがあまりにも頑固だったり、
便器のフチ裏など細かい場所が
黄ばんでしまっている場合や、どうしても

自分じゃ手に負えない汚れがあるなら、
トイレ掃除のプロに依頼をするのもおすすめ。

 

 

ダスキンとかイオングループとか、
大手企業が家事代行サービスなどを
実施していたりしますよね。

 

でも気になるのがその内容と料金です。

 

トイレクリーニング業者によっても
多少異なるんですが、

基本的なサービス内容はトイレの黄ばみや
黒ずみ、カビなどの洗浄除去など。

 

ウォシュレットのトイレノズルや
換気扇の表面、蛇口、照明なども
キレイにしてもらえる場合もありますよ。

 

標準的な料金相場は8,000円~10,000円前後で、
オプションをつけると
これに2,000円~3,000円上乗せされます。

 

でも自分ではどうにもならない汚れも、プロによって
ピカピカにしてもらえるのでかなり助かりますね。

 

掃除が苦手、あまり掃除する時間がない人は
トイレクリーニング業者に委託をしましょう。

 

まとめ

トイレの黄ばみ掃除は
クエン酸をスプレーした後、
重曹を振りかけてこすれば
かなり簡単に落とせますよ。

 

ただし黄ばみ度合いによっては、
トイレクリーニングの業者に
依頼した方が良いかも。

 

黄ばみや黒ずみだけでなく、
トイレ全体をキレイにしてもらえるので、
掃除が苦手な人にはかなりおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました