いろいろな七夕飾りを作ってみよう!おすすめの折り紙作品

スポンサーリンク
七夕・浴衣
スポンサーリンク

7月7日といえば、七夕ですね!

 

子供たちと一緒に七夕飾りを作ろうと
考えているお母さんやお父さんも多いですよね。

 

ただ、七夕飾りってとても沢山の種類があるんですよね。
それぞれに意味があるんです!

 

七夕飾りの意味や、簡単に作れるものを紹介いたします。

 

スポンサーリンク

感動の七夕飾り!折り紙で作る天の川

七夕飾りには、それぞれ意味があるんですが、
あなたは知っていますか?

 

 

  • 吹き流し

この吹き流しは、織姫の織り糸を象徴するものと言われています!
習い事や機織り、裁縫などの上達を願ったものです。

 

 

  • 投げ網

この投げ網は、豊漁のいのりや幸運を
たぐりよせるといった意味もあります。

 

 

  • 巾着

昔、お金を入れていた袋です。

お金が貯まるように・節約できるようにといった
お金にかかわる願いが込められています。

 

 

  • くずかご

七夕飾りを作っている時に

出る紙くずを集めていれていたもので、
整理整頓などの願いが込められています。

 

 

  • 折り鶴

折り鶴が七夕飾りだということを
知らない人も多いかもしれません。

 

折り鶴は、少し複雑な作り方なので、
折り方を人から教えてもらうことで

人から教える心・人へ教える心を
学ぶためといわれているんです。

 

 

  • 紙衣

この紙衣は、七夕飾りの中でも
一番上へ飾る風習があります。

裁縫の上達・着るものに困らないように
という願いが込められています。

 

そして、七夕飾りで天の川もあるんですが、

折り紙で作った天の川ってあみあみのものを
イメージする人もいるかもしれません。

 

実は、これは投げ網やくずかごなんです!

 

見た目的に天の川に見えることから、
間違えている人も多いんですよ。

 

本当の七夕飾りの天の川は折り紙をひし形の方向にして、

それをつなげていく菱飾りと呼ばれている物なんですよ。

織姫・彦星の折り紙製作が難しいと悩むあなたへ贈る!お悩み解決書

 

七夕飾りの彩りのあるものに!折り紙で作れる様々な種類の星

 

七夕飾りは前項で紹介した、昔から
由来されている物の他にも彩りを考え、
色々な飾りをつけます。

 

そんな中でも、折り紙でつくった星は定番ではないでしょうか。

 

折り紙で星を作るなんて難しい!と
思うかもしれないんですが、
意外と簡単に作ることができるんですよ。

 

基本の星飾りは、折り紙を星形に切り取るだけでOk!

これを色々な色の折り紙で作るだけで
とても可愛らしい星の飾りになりますよ。

 

先ほど作った星飾りを、何枚か連なるように
くっつけるのも華やかになりおすすめです!

 

まとめ

七夕には、笹の葉を飾り夜空を見上げながら
織姫と彦星の話や願いごとの話をして

過ごしてはいかがでしょうか。

 

七夕飾りは、飾りっぱなしにしないで7月7日の夜には
必ず片づけるようにしてくださいね。

七夕・浴衣
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?