そもそもの七夕の由来とは?短冊や笹飾りのルーツを追ってみよう!

七夕

七夕の由来って、知っているようで意外と詳しくわからないですよね^^;

確かに、なぜ願い事を書いた短冊を笹に吊るすのか、
イマイチよく由来を理解していない気がします・・・。

 

そこで今回は、子供たちに尋ねられても答えられるように、

七夕ではなぜ短冊や笹飾りが必要なのか、
願い事をするのがどうしてかをご紹介します。

七夕の五色の短冊と笹飾りの意味は?専門家に聞きました

七夕といえばやっぱり、
短冊に願いを書いて笹に吊るすというが定番ですね。

 

実は、七夕には赤、青、黄、白、黒(紫)の五色の短冊を笹に吊るす、
というのが正式な方法だったんですよ!

 

なぜこの五色なのかというと、

『陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)』という、
中国に古くから伝わる思想を元にしているからなんです。

 

陰陽五行説とは、木、火、土、金、水という5つの要素によって、
世界が成り立っているという思想で、
5つの要素にはそれぞれ、色が当てはめられています。

 

木=青、火=赤、土=黄、金=白、水=黒(紫)というように、

それぞれ色が決められており、短冊はこれらの色を使用することで、
魔除けとしての意味を持たせています。

 

つまり、正式な短冊の色が五色なのは、
古い思想に基づいて魔除けとして効果を発揮させるためだったんですね。

 

でも今では五色に限らず、本当に短冊は色とりどりなので、
魔除けとかはあまり気にせずに、好きな色のものを選んでも大丈夫ですよ!

そして、その短冊を飾る笹竹ですが、
笹は天へ向かって真っすぐと伸びることから、
とても神聖な植物だと考えられていたんです。

 

そのため、神聖な笹竹に願い事を書いた、
魔除けの色を持つ短冊を吊るすことで、

神様に願い事を届けようという思いが込められています。

つまり、神様に願いと届けるために使われたのが笹だったんですね。

子供たちには、昔の短冊は魔除けの色を使っていたから五色で、
そして笹はお空へ向かって真っすぐ伸びるから、
短冊を吊るすことで願いを届けられるんだよ、という説明をするといいですね。

七夕の短冊に願い事を書くことになったその由来は?わかりやすく解説

七夕の短冊に願いを書くのはもともと、機織りや裁縫、
習字などの上達を願う行事だったからなんですよ。

 

その昔、七夕になると貴族たちは、詩や管弦、つまり楽器演奏、

文字を書くことなどの上達をカジノキという植物の葉に書いて願っていました。

そして江戸時代になるとそれが庶民にも伝わり、
寺子屋などで習う子供たちも、字が上手く書けるようにとか、
習い事の上達を願い、それを短冊に書いて笹に吊るすようになったんですよ。

 

ということは、そもそも七夕で短冊に書くのは、

自分が今習っていることが上達しますように、
というお願い事が正式なものだったんですね。

 

ある意味、決意表明とか目標を掲げるということと同じです。

子供たちにも自分の目標や上手になりたいことを短冊に書いて、
笹に吊るすように説明するといいですね。

 

そうすればきっと、神様が天から応援してくれるようになりますよ!

まとめ

七夕の短冊が五色なのは、陰陽五行説という思想が由来であり、
魔除けとしての意味が込められています。

そして笹を使うのは天へと真っすぐ伸びるため、
神聖な植物だと考えられていたから。

 

また、短冊には本来、自分が上手になりたいものを書くと、
神様がそれを応援してくれるようになるので、
上達が早くなるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました