さつまいもダイエットで食べるタイミングはいつ?初めての人は必読!

ダイエット

さつまいもダイエットは
1食だけ主食をさつまいもに置き換えるダイエット!

 

 

でも朝昼晩どのタイミングで、
さつまいもを主食に置き変えると良いんでしょうか?

 

 

正しいタイミングでさつまいもを食べないと、
ダイエットとして成功しない場合も!?

 

 

そこで今回は、さつまいもダイエットはいつするのか?
ベストなタイミングを紹介していきます。

さつまいもダイエットなら食べるのは朝!その3つの理由

ズバリ…

 

さつまいもダイエットをするなら朝がおすすめ!

 

 

つまり、朝食の主食を
さつまいもに置き換えるんですね。

 

 

その大きな理由として、
やっぱりさつまいもは炭水化物だから、
夜には食べない方が良い!

 

 

さつまいもには少ないとはいえやっぱり
糖質が含まれているため、

夜寝る前に食べてしまうと、
消費されずに体内に蓄積されることも!

 

 

 

そうならないために、
さつまいもは夜ではなくこれから活動して、
糖質が消費されやすい朝食に食べるようにしましょう。

 

 

また、夜ってついついたくさん食べてしまいがちですよね。

 

 

そのため、夕食にさつまいもを食べると、
ついついたくさん食べ過ぎてしまう可能性も!

 

 

反対に朝ならそこまで食べる量が多くならないので、
食べ過ぎることを防げますよ。

 

 

また、さつまいもは蒸すだけなので、
忙しい朝でも準備がしやすいし、
何より一目を気にせず食べられますよ。

 

 

職場にさつまいもが主食のお弁当を持っていくのって、
やっぱりちょっと恥ずかしいですよね…。

 

 

その点、朝なら自宅で気兼ねせずに
堂々とさつまいもが食べられるので安心。

 

 

やっぱりさつまいもは朝に食べるのが一番良いんですね。

⇒⇒⇒さつまいもダイエットには適した種類がある!何でもOKではない

 

さつまいもダイエットで朝何グラム食べるといい?適量と根拠を解説

 

さつまいもダイエットで食べるべきなのは
ズバリ150g以内

 

 

 

それ以上食べてしまうと
ダイエットの意味がなくなっちゃうので、

くれぐれも食べる量に注意しましょう。

 

 

なぜ150g以内かというと、
だいたいこの量が、

お茶椀1杯分のご飯に相当するからです。

 

 

さつまいも150gだと、
カロリーはおよそ200kcalで、

ご飯150gだとカロリーはだいたい240kcalなんです。

 

 

同じ150gでも、
ご飯よりもさつまいもを食べた方が、
多少カロリーが低いんですね。

 

 

とはいえやっぱり食べ過ぎてしまうと、
それだけ摂取カロリーも増えてしまい
ダイエットにならなくなるので、

150gを上限にさつまいもを食べるようにしましょう。

 

 

また、さつまいもと一緒に食べるおかずも、
栄養バランスを良くして、
食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

できればスープなども一緒に摂ると良いですね。

 

 

するとよりさつまいもが主食であっても、
満腹感が得られるので食べ過ぎを防いでくれるんですよ!

 

 

さつまいもダイエットって、
ただ単純にさつまいもを食べればいいわけじゃないので、

くれぐれも食べる量には注意をしましょう。

 

まとめ

さつまいもダイエットを成功させるには、
さつまいもを朝のタイミングで
食べるのがおすすめ。

 

 

糖質が体内に蓄積しにくいし、
食べ過ぎを防げるし、
一目を気にしなくていいのも朝食べるメリットですよ。

 

 

また、さつまいもは150gを上限にして、
それ以上は食べ過ぎないように
くれぐれも注意しましょう。

 

 

もちろんおかずを食べ過ぎてしまうのもNGですよ!

タイトルとURLをコピーしました