スタッドレスタイヤの交換って、どれくらい走ると変えルン?

生活

住んでいる地域によりますが、
都市部と違い地方に行けば冬などは大雪になる可能性もあります。

 

夏用のタイヤで冬を越すわけには行かず、
スタッドレスタイヤに交換しないといけません。

 

冬は豪雪地帯に住んでる私も雪が降って、
慌ててガソリンスタンドでタイヤ交換をしますが、
どこでタイヤ交換するのがいいんでしょうか。

 

そろそろ溝も少なくなってきたし、
買い替えも検討中でどこが安いのか?など、
ご紹介します。

スタッドレスタイヤの寿命はどれくらい距離を走るとくる?

毎日の通勤、家族旅行や買い物で車を使うと、
タイヤなどの消耗品は、劣化が早いです。

 

特に雪道を走る冬のスタッドレスタイヤが劣化すると、
ブレーキが効かなくなり、
事故などの重大なことに繋がりかねません。

 

消耗品になるのは、車を運転する人なら誰もが理解していますが、
どれくらい走ったら、寿命が来るのかは微妙^^;

 

実際、私も運転していますが、職場までの距離が近く、
そこまでタイヤをすり減らすことがない場合と、
長距離を運転する人では寿命が変わりますよね。

 

自分の車のスタッドレスタイヤの寿命を調べる方法は、
溝の深さやタイヤのゴムの部分の状態で判断します。

 

平均でタイヤが劣化するといわれている年数は、
「3年」と言われていますので、

特に長距離を運転する人は、
こまめに溝をチェックする必要があります。

 

距離の目安では15,000km走ったり
溝のプラットフォームの高さが5mmで保たれているなら、
寿命とは言えません。

 

5mmがどこで調べるかというとタイヤには 
矢印が振られている場所があるので、
その部分を目視や定規などを使って調べます。

 

不安な時は、ガソリンスタンドなど
無料点検をしてくれる場所もあるので、

定期的に溝の深さが5mm以下になっていないか
チェックする必要
もあります。

 

スタッドレスタイヤの寿命は走行距離よりも摩耗具合で判断せよ!

 

スタッドレスタイヤの寿命は、
上記で挙げた内容が目安となります。

 

実際自分のタイヤで上記に当てはまる場合は、
どこで判断したらいいのでしょうか?

 

私は長距離を通勤で使っていますが、
タイヤの状態は3年で悪くなく、
現在6年、同じタイヤで運転をしています。

 

もちろん、定期的に溝が5mm以下になっていないかなどを
含めてチェックはしていますが^^;

 

もちろん、走行距離で寿命を判断すると、
まだ溝なども問題がないのに新しいものに買い替えるとなると、
経済的にも悪いです。

 

そこで、タイヤの状態がどれくらい消耗しているのかは
状態でタイヤ交換をするのがいいです。

 

タイヤ交換をする際、タイヤの溝の深さなど
チェックする人は多いですが、

タイヤの劣化状態を詳しく調べる人はあまりいません。

 

タイヤの表面が硬くなってきたら、
寿命と判断して交換するべきですが、

イエローハットやオートバックスでは、
タイヤの状態や硬さも合わせて、
診断してくれるトコロもあります。

 

どこが安いのかは、
ガソリンスタンドやディーラーなどで購入するより、
ネット販売や、量販店などが良いです。

 

ただ、ネットの場合、取り付けなどは
自分でしないといけなかったり、
自分で持ち込んで処分してもらう必要があります。

 

ネットだと安いですが、量販店は処分や組み換え料、
取り付けなども行っているので、私の経験上安いです。

 

まとめ

雪国では、車が必需品になります。

 

もちろん、私も車で長距離を運転していますが、
冬はスタッドレスをしっかり装着しないと
重大な事故につながります。

 

溝の深さが5mm以下になったり、
自分の目視でチェックしたり、
走行距離で寿命を判断することもできます。

 

 

ガソリンスタンドなどで、
無料で硬さなどもチェックしてくれるので、
定期的にチェックしてもらうと良いです。

 

ディーラー、ネット、ガソリンスタンド、量販店など
タイヤ交換や販売していますが、
どこが安いのか個人的にみると、「量販店」がオススメ!

 

しっかりとスタッドレスタイヤを用意して
事故のない冬を過ごしたいですね^^

タイトルとURLをコピーしました