夏休みの宿題を計画的に進めたい!カギは表にまとめること!?

スポンサーリンク
夏休み
スポンサーリンク

夏休みの宿題って、ついつい後回しにして、
終わり頃になって慌てて片付けてしまいがち…。

 

夏休みって思った以上にあっという間に
過ぎてしまいます。

 

今回は、そんな後回しにしちゃう夏休みの宿題を
計画的に進める方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

夏休みは長いようで短い… 宿題の進行計画をカレンダーに書き込んでみよう!

夏休みの宿題を計画的に進めるなら、
カレンダーを使って計画表を作ること

 

1から紙やノートやメモ用紙などに、
計画表を作ると、それはそれで疲れるし、

 

最悪の場合、計画表を作っただけで
満足する場合も多いので、
手っ取り早く、カレンダーに書き込みましょう。

 

カレンダーには、

その日どこまで何の宿題を

進めるのかを書き込んでいくと良いですよ。

 

問題集だったら1日に何ページやるとか、
この日からこの日までは工作をするとか。

 

また、日記や観察記録は、
ほぼ毎日つけないといけませんよね。

 

そのため、その日に進めていく宿題とは別に、
忘れないようにカレンダーに、

日記や観察記録も、
しっかり書き込んでいきましょう。

 

夏休みだから、
プールに行ったり友達と約束があったり、
家族でレジャーに行く日もあります。

当然その日は宿題が進みません。

 

宿題できない日がもう決まっているなら、
カレンダーに先に書き込んでおくと、
予定がより立てやすくなりますよ。

 

表にまとめて効率的に!夏休みの宿題の確実な進め方

 

宿題を計画的に進めるには、
いくつかのポイントがあるので
まとめてみました。

 

 

  • 宿題はどれだけあるか知っておく

 

国語や算数、読書感想文、観察日記、工作など、
夏休みの宿題は全部でどれだけあるのか、
まずはチェックします。

 

チェックし終えたら、

毎日どれだけ進めれば、

夏休み中に終わるかを考えつつ、

予定を立てていきましょう。

 

 

  • 無理な計画を立てない

 

1日で算数の宿題を半分終わらせるとか、

1週間で夏休みの宿題を全部終わらせるなど、

無理な計画を立てるのはダメ!

 

自分が立てた通りに宿題が終わればいいですが、
そうでないと計画が狂ってしまい、
途中で嫌になって投げ出してしまうかもしれません。

 

そのため、1日のノルマを決めるのはいいですが、
予定を詰め込み過ぎないように
気をつけましょう。

 

 

  • 難しい問題は飛ばして進める

 

問題集を解いていると、

どうしても難しい問題とか、

分からないところが出てきますね。

 

そこはとりあえず飛ばしてしまって、
できる問題からやっていきましょう。

 

後で解けるようになるかもしれないし、
どうしてもわからない問題は、
まとめて家族に聞くといいですよ。

 

 

  • 週に1日は予備日を決めておく

 

計画表を作っても、その通りに
宿題が進むとは限りません。

 

もし宿題の進み具合が

悪い時に備えて、

予備日を作っておきましょう。

 

予定通りに宿題が進んでいれば、
その日は宿題をお休みしてもいいし、
遅れているなら、予備日に進めれば大丈夫です。

 

 

  • 宿題が全部終わる日を
    新学期が始まる1週間前に決めておく

 

宿題が全て終わる日を夏休みの最終日に合わせると、
もし計画が狂った時に焦ってしまい、
家族に宿題を手伝ってもらうようになるかも!

 

そこで、宿題を全部終わらせる日は、
新学期が始まる1週間前の日に決めておきましょう

 

そうすれば宿題がまだ終わらなくても、
焦ることなく片付けていけますね。

 

まとめ

夏休みの宿題を計画的に終わらせるには、
カレンダーに計画表を書き込むのがベスト!

 

宿題は全部でどれだけあるのかチェックします。

 

お出かけなどで宿題ができない日も表に書き込み、
できれば新学期が始まる1週間前までに、

全部を終わらせるようにするといいですね。

 

ただし無理な予定を立てるのはNG!

 

毎日コツコツと宿題を片づけていき、
分からない問題はあとで解いて進めると

スムーズに終わらせやすいですよ!

夏休み
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?