子供が夏休み明け学校に行きたくない!?考えられるその可能性は?

夏休み

子供が夏休み明けに学校に行きたくないと言い出した!

 

 

そんな時に必要なのはまず、
一体なぜ子供は学校に行きたがらないのか探ること。

 

 

学校に行きたくない理由が分かれば、
きっとその対処法も見えてきますよ。

 

 

そこで今回は、子供が夏休み明けに学校に行きたくない理由や、
それに対してどう対処をしていくかを紹介します。

 

学校に行きたくない理由がなんとなく?その原因の正体とは

夏休み明けに学校に行きたくない理由を我が子に聞いても、

ただなんとなくしか、
答えが返ってこない場合があります。

 

 

でもひょっとしたらお子さんは、
学校に行きたくない本当の理由を隠している可能性も!

 

 

本当の理由を言うと怒られる、
心配をかけるなどの気持ちで、
なかなか言い出せない…

 

もしお子さんが何か隠している様子なら、
優しく問いただすようにしましょう。

 

 

この時、叱ったりお子さんを追い詰めるようなこと
してはいけません。

 

 

反対に、どんな理由でも絶対に怒らないから言ってごらんと
いう風に伝えてあげると良いでしょう。

 

 

するとお子さんも安心して、
学校に行きたくない本当の理由を話してくれますよ。

 

 

また、本当に学校に行きたくない大きな理由がなく、
ただなんとなくだるいから、という場合もあります。

 

 

なんとなく体がだるくなっているのは、
夏休み中に不規則な生活リズムだったため、
体がまだ慣れていないからでしょう。

 

 

もし生活リズムが乱れているためにだるくて、
なんとなく学校に行きたくないのなら、
普段の規則正しい生活を送るようにすればすぐ治ります。

 

 

そのため、学校に行けばだるいのは治るよ!と
いうことを伝えて登校させるのが良いでしょう。

子供が夏休み明けに学校に行きたくないと言ったら?どうすればいい?

 

学校に行きたくないっていじめられてないですか?SOSのサインかも

 

学校に行きたくないのは、
ひょっとしたらいじめのSOSの可能性もあります。

 

 

その場合、無理にでも学校に行かせてしまうと、
お子さんをどんどん追い詰めることになり、

学校でも家でも逃げ場がなくなってしまいます。

 

 

学校に行きたくない理由は言わないけれど、
学校に行くのをすごく拒否しているようなら、
お子さんがいじめに遭っている確率が高いです。

 

 

この場合もやっぱり、お子さんとしっかり向き合って、
なぜ行きたくないのか、
学校で何か嫌なことがあるのかなど、
本当にいじめられていないか
しっかり話してもらうことが大事ですね。

 

 

そして、もし本当にお子さんがいじめに遭っているのなら、
担任の先生にそのことを相談し、
完全にいじめがなくなるまで、
しっかりと対処してもらうようにしましょう。

 

 

いじめといっても実際は犯罪に等しい行為なので、
お子さんの立場になって親御さんも考え、
しっかりとお子さんを守ってあげてくださいね。

 

 

そして出来れば、無理に学校に行かせることはせず、
いじめが解決するまでは休ませる方が良いでしょう。

 

 

夏休み明けに学校に行きたがらない子の多くは、
やっぱりいじめなど学校での嫌な事悩んでいるんですよね。

 

 

そのため、親御さんはできるだけ一緒に、
お子さんの悩み事に対して、
解決策を考えていくようにするといいですよ。

 

まとめ

夏休み明けに学校に行きたくない!という子は、
学校でいじめなど嫌な目に遭っているか、

もしくは生活リズムが乱れたことによって、
体がだるくなってしまっているからでしょう。

 

 

理由は色々あるけど、
まずはどんな理由で学校に行きたくないのか、
それをしっかりとお子さんから
聞き出すようにしてくださいね。

 

 

いじめられていると、
それを隠すお子さんもいるので、
しっかり向き合うことで、

きっと本当のことを話してくれるようになりますよ。

タイトルとURLをコピーしました