お中元を渡す時期の気をつけることは?いろはを教えます!

スポンサーリンク
お中元
スポンサーリンク

夏になると、スーパーやコンビニなどでも
夏の贈り物と書かれたお中元のカタログが置かれていますね。

 

ネットショップなどでも、お中元用のギフト商品の取り扱いが増えてきます。

 

このお中元なんですが、
そもそも誰に渡すものか知っていますか?

 

そして、お中元を贈る時期っていったいいつなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

お中元は誰に渡すもの?その意味を知れば迷わない

お中元は、日頃からお世話になったと感じている人へ贈るもの

 

基本的にはお中元を贈る相手は、上司など目上の人に

贈ることがほとんどです。

 

結婚をしている場合は、お互いの両親や親せきへ贈ることもあります。

 

最近では会社のルールとして

個人的なお中元を禁止している会社も増えてきているんです。

 

上司へお中元を贈りたいときには、そういったルールがないか

確認しましょう。

お中元を渡す時期やマナー!気になる細かい点を要チェック

 

お中元を贈る時期は大安の日?現状はこだわらない傾向に!

 

お中元は、一体いつ贈ればいいのかわからないこと、
ありませんか?

 

実は、お中元を贈る時期は、住んでいる地域によって違うんですよ!

地域別に紹介いたします!

 

 

  • 北海道・東海・関西・中国・四国

上記の地域は、7月中旬ごろ~8月15日にお中元を贈るのが一般的です。

 

 

  • 東北・関東

東北と関東は、他の地域よりもお中元を贈る時期が早いんです。

7月1日~7月15日にお中元を贈るのが一般的ですよ。

 

 

  • 北陸

北陸は、地域によってお中元を贈る時期に違いがあります。

新潟県、石川県金沢市では7月1日~7月15日、富山県などでは

7月15日~8月15日頃と違いがあるんです。

 

 

  • 九州

九州は、他の地域に比べるとお中元を贈る時期が遅いんです。

8月1日~8月15日に贈ることが一般的で、

関東や東北と比べると1か月も時期のずれがあるんです。

 

 

  • 沖縄

沖縄では、他の地域とは違い旧暦の7月13日~7月15日の旧盆

お中元を贈るのがマナーとされています。

この旧盆は年によって日付が違うので、
毎年何日になるのかチェックしましょう!

 

 

最近では、手渡しではなく配送することが増えてきました。

 

地域によっては手配をしてから何日もかかることがあり、

早めに手配するようにしましょう。

 

 

そして、お中元は遅い時期に届くとマナー違反だと思いがちですが、

早めに贈る分には問題ないともいわれています。

 

関東地方の時期に合わせて、

他の地域も7月初旬~ごろにお中元を贈ることが

増えてきているんですよ。

 

 

そして、贈り物をする時には、

お日柄も気になるという人が居るかもしれません。

 

お中元は、お祝いの贈り物ではなく感謝を伝えるものなんです。

 

そのため、大安に贈った方が良い、

仏滅は避けた方が良いといったことは

ないんですよ。

 

まとめ

お中元を贈る時には、相手の住んでいる地域の時期に

合わせて贈るようにしましょう!

配送するときには、お中元の時期には込み合って遅延するということも

あるので早めに手配するようにしてくださいね。

お中元
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?