スタッドレスタイヤの寿命と走行距離の関係は?分かりやすく説明

生活

車を運転していると、
どうしても消耗品と言われるスタッドレスタイヤは
摩擦などにより劣化します。

 

車の部品の寿命として、
エンジンオイルやワイパーゴム、タイヤなどがあります。

その中で、
重大な事故に発展しかねないモノ「スタッドレスタイヤ」。

 

スタッドレスタイヤは、冬にしようされることが多く、
摩擦などで劣化すると、停止などができず
スリップにより事故を起こしかねません。

 

運転者の技能などにもよりますが、
スタッドレスタイヤの劣化などの要因も挙げられます。

 

そこで、どれくらい走行距離を走ったら、
スタッドレスタイヤが寿命を迎えるのか?
見ていきます。

スタッドレスタイヤの寿命はどれくらいの距離を走るとくる?

 

車を毎日使う人であれば、
タイやの劣化はたまにしか乗らない人よりは劣化します。

 

また、車の保管場所によっても劣化具合は違います。

一般的に走行距離が多ければ多い程劣化が早くなります。

 

 

通常は3年くらいが寿命の目安と言われていますが、
走行距離をそこから換算してみます。

 

走行距離ですと、
10.000kmから15,000kmといったところです。

 

雪道を走るシーズンは、
夏のシーズンよりは短いので
寿命はそこまで短くないですね。

スタッドレスタイヤの交換って、どれくらい走ると変えルン?

 

スタッドレスタイヤの寿命は走行距離よりも摩耗具合で判断せよ!

上位の目安でいけば、
必ず寿命が来て交換しないと思われがちですが、
決してそうではありません。

 

寿命は、距離が増えればタイヤの磨耗が
進みますので劣化は早くきます。

 

一方で、冬はあまり運転をしない人は、
目安の3年以上は使える計算になります。

 

スタッドレスタイヤの脇の部分に
三角の印や矢印があるので、
この印が摩擦具合を判断する材料になります。

 

この部分で溝の摩擦具合を判断し、
溝が新品時の50%まで低下していたら
寿命と考えてスタッドレスタイヤの買い替えがオススメ!

 

単純に走行距離が増えれば、この溝も減る確率が高まります。

急停車や乱暴な運転をしていない場合や、
運転の仕方などによっては、長く寿命を持たせることできます。

 

まとめ

車を運転する人は、
スタッドレスタイヤなどこまめに
寿命をチェックしておく必要があります。

 

スタッドレスタイヤは雪道を走るので、
溝などが減っていたり劣化すると、
スリップ事故などの可能性大です。

 

走行距離が増えれば寿命は短くなり、
平均10,000Km走行したら寿命が来ると言われています。

 

ただ、運転の仕方などにより
劣化具合はそれぞれ違ってきますので、
溝のチェック印で溝の深さをチェックしましょう。

 

冬も夏と変わらず、運転するようなら、
3年くらいを目処に買い替えを検討してみては!?

タイトルとURLをコピーしました