シュトーレンはなぜクリスマスに?その訳と購入時の保存

クリスマス

シュトーレンはクリスマスに食べるドイツのお菓子。

 

 

でもなぜクリスマスの時期に食べるんでしょうか?

 

 

何かクリスマスと深い関わりが
あるのか気になりますね。

 

 

そこで今回は
シュトーレンはなぜクリスマスに食べるのか
また、シュトーレンの正しい保存方法
紹介していきます。

 

シュトーレンをクリスマスになぜ食べる?意味と由来

シュトーレンって
実はキリストの布教のために食べ始められた、
とされているんですよ。

 

 

シュトーレンの白く丸っこい形が
キリストの幼子見えるため、

キリストの誕生日であるクリスマスに食べる、
という風習が出来ました。

 

 

また、クリスマスにキリスト教の司教に
献上した食べ物でもあるため、

クリスマスの時期になると、
シュトーレンを食べるんですよ。

 

 

ちなみに、正確にはシュトーレンは
クリスマス当日に食べる物ではありません。

 

 

本場のドイツでは、

クリスマスの4週間前から、
日曜日になるとシュトーレンを
少しずつスライスして食べていくんです。

 

 

シュトーレンを少しずつ食べていくことで、
近づいてくるクリスマスへの気持ちを盛り上げる、
という意味もあるんですよ!

 

 

要するに、シュトーレンは
クリスマスへ向けてのお楽しみパンなんですね。

 

 

しかもシュトーレンはしっかりと保存しておけば、
熟成してより美味しくなるので、

クリスマスが近づくにつれて、
より美味しいシュトーレンが食べられるというワケ。

 

 

シュトーレンってなんだかとっても奥が深いですね!

 

 

ここ数年では日本でもクリスマスシーズンになると、
シュトーレンを食べる人が増えているので、

ぜひあなたもこれを機に、シュトーレンを食べて、
クリスマスの準備をしていきませんか?

 

シュトーレンを買った場合の保存方法!気を付けたい2つのポイント

 

シュトーレンはきちんとと保存をしなければ、
味が落ちたりカビが生えてしまいます。

 

 

そのため、これから紹介する2つのポイント
しっかり守って、クリスマスまでに
美味しいシュトーレンを保存しましょう。

 

 

 

1.断面が乾燥しないように気を付ける

 

シュトーレンを食べる時は
端っこからカットするのではなく、

真ん中からカットして
スライスしていくのが正しい食べ方。

 

 

そして必要分だけスライスしたら、
残った二つのシュトーレンの切り口を合わせ、

その上からラップでしっかり包んで置きましょう。

 

 

要するに断面同士をぴったり合わせてから
ラップするということですね。

 

 

すると断面が空気に触れにくくなるので、
シュトーレンが乾燥せず、
美味しいまま保存ができますよ。

 

 

2.空気に触れないようにフリーザーバッグに入れる

 

ラップを巻いたら、シュトーレンは
フリーザーバッグに入れて、

空気をしっかり抜いて常温で保存しておきましょう。

 

 

やっぱり空気にあまり
触れないようにするのが大事なんですね。

 

 

ちなみに、本場のドイツでは
だいたいクリスマスの4週間前から、

シュトーレンを少しずつ食べていきますが、
実際はだいたい1~2週間くらいが保存期間。

 

 

そのため、ドイツの風習をマネするなら、
クリスマスの2週間前頃から、
少しずつ食べていくと良いですね。

 

 

もちろんクリスマス当日に、
豪勢にシュトーレンをたくさん
切り分けて食べてしまってもいいですよ!

 

まとめ

シュトーレンは形がキリストの幼子に見えることや、
司教に献上した食べ物でもあるため、

クリスマスと深い関わりを持つパンなんです。

 

 

本場のドイツではクリスマスの4週間くらい前から
食べ始めますが、
食べるタイミングは日本では自由ですよ。

 

 

ただし、必ず真ん中から切ってスライスしていき、
断面同士をぴったり合わせてラップを巻き、

フリーザーバッグに入れて
保存していくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました