サッカーの試合時間って何分なん?基礎ルールを大公開!

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

サッカーの試合時間って何分くらい
なんでしょうか?

 

 

全くのサッカー初心者は、
試合の時間ってよくわからないですよね。

 

 

そこで今回は、
サッカーの1試合はどれくらいの時間なのか、
またロスタイムやハーフタイムは一体何か
時間に関するルールを紹介します。

 

 

サッカー観戦の前に、
ぜひ試合時間について学んでおきましょう。

 

スポンサーリンク

サッカーの試合時間は前半と後半で何分ずつ?ロスタイムも含めて解説

サッカーの試合時間はズバリ、
前半と後半に分かれており
それぞれ45分ずつ、つまり1試合は90分間なんですね。

 

 

いくら前半と後半に分かれているとはいえ、
45分ずつ、合計90分ってかなり長いですよね^^;

 

 

選手の皆さん、すごいですね…。

 

 

 

でもそこはやっぱりプロで、45分ずつ、
しっかりと試合に励みます。

 

 

 

ちなみに、この前半後半それぞれの試合時間
45分なのは、競技の規則として定められています

 

 

子供のサッカーチームの試合では、
前半後半それぞれ30分だったり40分だったり
短縮される場合もあり。

 

 

また、サッカーには
ロスタイムというものもあるんですよ。

 

 

サッカーは、負傷した選手の手当や搬出をしたり、
選手交代したりした場合、
浪費された時間をロスタイム
と呼びます。

 

 

ロスタイムが生じた場合には、
それを埋めるために試合時間がちょっと延長されるんですね。

 

 

基本的に、ロスタイムがどれくらい生じ、
どれくらい試合時間にプラスするかは主審、
つまり審判が決めることになっています。

 

 

でも、結構ロスタイムってアバウトに
決められてしまうことが多いんだとか^^;

 

 

ロスタイムでプラスされる時間に関しては、
そこまで厳密じゃなくてもいいんですね。

 

 

要するに、

サッカーでは「アクシデントなどが起きて、
試合を中断することがあったら、
試合時間が延長するんだ。」って覚えておきましょう。

⇒⇒⇒サッカーの前半と後半の間の時間であるハーフタイムについて解説!

 

サッカーの試合時間には休憩の時間もある!ハーフタイムとは?

 

サッカーって前半後半それぞれ45分ずつで、
合計90分も試合をしていてすごく疲れそう!!

 

 

でも安心してください…

 

 

ちゃんと休憩時間が決められていますよ。

 

 

基本的に、前半と後半45分ずつの試合の間には、
ハーフタイムといって休憩時間が設けられています。

 

 

ハーフタイムはだいたい15分間に決められており、
この間選手も観戦客も休憩することができるんですね。

 

 

ただし選手は、休憩する以外に
作戦会議をしたりしなければいけないので、
必ずしも休めるわけではありません。

 

 

 

ちなみにこのハーフタイムは、

ロスタイムで前半の試合が延びた場合には、
その分短縮される場合もあるんですよ。

 

 

選手って本当に大変ですね…。

 

 

でも、長丁場の試合時間でも、
いつでも全力のプレーを見せてくれる
選手たちはやっぱりすごい~!!

 

まとめ

サッカーの試合時間は、
前半と後半それぞれ45分ずつの計90分間。

 

 

ただし選手の負傷などで試合が中断した場合は、
ロスタイムとなり、
競技時間も延長されることがあるんですよ。

 

 

また、45分ずつの試合の間には
ハーフタイムという休憩時間があります。

 

 

ハーフタイムには観戦している人たちも
応援を休憩して、次の試合に備えましょう^^

スポーツ
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?