スマホの充電を車でしたい!おすすめ充電器と注意点

家電・通信

仕事で移動や出張が多いあなた!

 

自宅に居るのが少なく外出ばかりで、
車でのスマホの充電が多くありませんか?

 

移動と言っても長時間車を
運転しているわけではないので、

短時間でたくさん充電がしたい
というのが本音ですよね!

 

今回は、スマホの充電を車でしたい方
おすすめの充電器と注意点について、
紹介していきます。

 

スマホの充電を車でするなら!カーチャージャー楽天売上トップ3

スマホの充電を車でしたいあなた!
今楽天で売れているカーチャージャーの
ランキングをご紹介いたします。

 

1.【急速充電 Quick Charge 3.0 対応】
シガーソケット usb カーチャージャー 車載充電器

 

 

2.【Quick Charge 3.0搭載】
カーチャージャー シガーソケット USB 急速充電

 

 

3.  Qubii iPhone USBメモリ
充電時写真と動画を自動でバックアップ
フラッシュドライブでiPhone容量不足解消

 

 

楽天売上ランキングを見ると、上位に来ているのは
ほとんどが急速タイプの充電器。

 

価格的には2,000円前後がほとんどです。

 

充電方法はシガーソケットから
電気を取るタイプばかりですね。

 

最近増えてきているのはUSBケーブルを
2個以上差せるタイプの充電器。

 

それに加えてシガーソケットも
2連になっているものや
3連になっているものが多いですね。

 

 

今売れているカーチャージャーは、

  • 急速充電ができる
  • USBケーブルを2個以上差せる
  • シガーソケットが2連もしくは
    3連になっている

 

以上3つがポイントとなっているようです。

 

車のシガーソケットは最大出力10Aのものが
ほとんどで、10A以下の充電器購入が
絶対条件となります。

 

現在10A以上の充電器はないようなので
問題はありません。

 

しかし念のため自分の車のシガーソケットが
最大出力何Aなのか確認しておくといいですね。

 

カーチャージャーを購入する際は、
充電器の形やサイズを確認してください。

 

車のシガーソケットの場所によっては、充電器が
大きすぎるためにシフトチェンジの邪魔になる、

形次第ではシガーソケットに差し込めないことも
稀にあるよう。

 

USBケーブルの長さも注意してください。

 

ケーブルが長すぎて運転に支障がないよう、
ちょうどいい長さをあらかじめ
確認してから購入しましょう。

 

 

シガーソケットの対応電圧も
覚えておいてください。

 

乗用車は12V。

トラックは24V。

 

車でスマホの充電をするなら、
自分の車に合ったカーチャージャーを
購入するよう前もって必要な情報は
確認しておきましょう!

⇒⇒⇒スマホの充電速度の違いはなぜ起きる?早く充電するコツ

 

スマホの充電を車ですると時間がかかる?その理由

 

スマホを車で充電すると思った以上に
時間がかかる場合があります。

 

その理由は2つあります。

 

まずは、今使用している充電器・USBケーブルの
アンペア数を確認してみて!!

 

最近のスマホは2.1Aで充電する規格のものが
増えてきています。

 

これを1Aで充電する充電器もしくは
USBケーブルを使っていれば、

通常仮に1時間で満充電できるスマホであっても
2時間~2.5時間かかってしまいます。

 

アンペア数が少ない充電器を
使用していると時間がかかるので注意が必要!

 

2つ目は自動車で移動しながら充電していると、
たくさんの電波を受信するので、
いつもより時間がかかります。

 

とくに、BluetoothやWi-Fiなどを自動接続に
設定していると常に電波を探している
状況になるので、スマホは動き続けています。

 

素早く短時間で充電をしたいのなら、
BluetoothやWi-Fiなど電波を
受信するようなものは全て切ってください。

 

もちろん電話をかけたりすることは電力を
使ってしまうので充電が遅くなります。

 

可能であれば電源を切った状態で充電をすると
短時間でよりたくさんの充電が可能ですよ。

 

まとめ

スマホを車で充電する際は、シガーソケットから
電力をもらうカーチャージャータイプが人気。

 

そして急速充電タイプでシガーソケットや
USBケーブルを2個以上接続できるタイプが
より人気が高いようです。

 

車でスマホを充電する人は短時間で
よりたくさんの充電をしたいですよね。

 

そういった方には充電器・USBケーブルの
アンペア数が2.1A以上の物を使用する。

 

充電中は余計な電波を受信しないよう、
必要ない接続は全て切ることをおススメします。

 

可能であれば電源を切って充電するのが理想。

 

スマホは生活に欠かせない物ですが、
運転中の操作は危険なので絶対にしてはいけません。

 

車の運転中はスマホを見るのではなく、
前を見て運転することを心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました