修学旅行にスマホを持っていく時のオススメの隠し場所は?

生活

修学旅行は楽しみだけど、
学校の行事なので規則は
守らないといけませんよね。

 

不要なものを持っていくと、
抜き打ちの持ち物検査なんかに
引っかかってしまいます。

 

大切なものを卒業まで没収されたり
することもありますね。

 

例えば生活に欠かせないスマホですが、
小中学校では学校内への持ち込みも
禁止されることが多く、

修学旅行もスマホを持っていくのは
禁止している学校が多いです。

 

現実的に考えれば、自由時間に
迷子になる心配もなくなるし、

防犯の役割もありますが…規則は規則です。

 

そうは言っても、素直に
引き下がれないでしょうから、

修学旅行のスマホの隠し場所のアイデアを
集めてみました。

修学旅行のスマホの隠し場所ベスト3

 

修学旅行の日程によっては、かなり荷物が
多くなることも想定できるので、
隠し場所は意外と沢山あります。

 

修学旅行の間は、スケジュールが詰まっているので、
持ち物検査が行われないこともあります。

普通に荷物の中に入れて置けば
バレないかも知れませんが、油断は禁物!

 

 

バレにくい隠し場所をピックアップしてみました。

 

  1. 筆記用具の中

    ペンケースや手帳の中に隠しておくと、
    意外と見つかりません。

    筆記用具は必須の持ち物ですから、
    その中まで調べられることも少ないでしょう。

    スマホを収納できるポケットのあるような
    ノートカバーがあると見つかりにくいでしょう。

  2. 洗面用具の中

    歯ブラシや洗顔料など
    洗面用具を入れるポーチの中に

    ハンカチサイズのタオルでスマホを包んで
    隠すのも見つかりにくいです。

    ただ、濡れたものと一緒にしまうことになると
    故障にリスクがあるので、
    生活防水じゃない機種は水濡れに注意です。

  3. 雨具の中

    雨具も持ち物リストに入るものです。

    折り畳み傘を持っていく人が多いと思いますが、
    レインコートが入っていても問題ないはずです。

    コンパクトに収納されたレインコートの隙間に
    隠せば見つからないでしょう。

 

このように、基本の持ち物に隠すのが、
意外とバレる恐れが少ないですね。

 

持っているのが当たり前のものには、
人はあまり目をつけないからでしょう。

⇒⇒⇒修学旅行の持ち物で高校生男子の必需品!

 

修学旅行中にスマホがバレる原因

カバンの中の奥底に隠して、
絶対にバレないと思っていたのに、

スマホ没収されてしまった…。

 

そんな苦い経験はできればしたくないでしょう。

 

うまく隠したはずなのに、
バレてしまう原因として多いのは、

着信音は消していたのに、
アプリなどの通知音が鳴ってしまうとか、

設定したままのアラームの音で
バレることが多いようです。

 

 

隠していると、すぐに
音を消すこともできませんから、
設定は入念にチェックしておきましょう。

 

まとめ

スマホを持っていくことを禁止されている場合は、
どんなに隠し場所を考えても
見つかるリスクはゼロではありません。

 

没収されてもすぐに
返してくれるかも知れませんが、
数日でも没収されるのはイヤですよね。

 

見つかった場合のこともよく考えて、
持っていくかどうか決めましょう。

タイトルとURLをコピーしました