プリウスの燃費を低下させずより良くする!車愛好家が教える2つの点

生活
この記事は約3分で読めます。

一昔前はステータスとして、
スポーツタイプの車などが若者に人気でしたが、
現在では燃費などのエコ志向が強まっていますよね。

 

その中で、プリウスは人気の車種になっており、
若い世代から人気のある車で、
ハイブリットとしては出始めからある車。

 

カタログ表記では30km/L超えの燃費ですが、
実際に走行するとカタログで表記された
燃費では走れません。

 

 

エアコンなどの使用や、
坂道や信号の多さ…など
道路状況などにより変わります。

 

そこで、プリウスの燃費を
良くするためのポイント

紹介していきます。

 

プリウスの燃費はホイールに影響される!?その選び方

車のタイヤのホイールですが、
このホイールにも種類があります。

 

大きく分けると、
スチール製」と「アルミ製」です。

 

当然、アルミ製のホイールが軽量で軽いので、
燃費を向上させたいのなら、アルミ製のホイールを
使うと良いです。

 

タイヤ売り場で、安いタイヤを購入すると
現在はホイールもセットに
なっている場合があります。

 

でも、安いセットだと、
ホイールがスチール製のコトがあります。

 

このホイールをアルミ製にすることで、
足回りが軽くなり燃費が向上するわけです。

 

また、アルミホイールにも種類があり、
ホイールの穴の開き方などによっても
燃費は変動しますが、大きくは材質で変わります。

⇒⇒⇒プリウスの燃費の良さは当たり前?購入検討中は必見!データや体験談

 

プリウスの燃費を向上させるテクニック!それは「アクセルワーク」

足回りを軽くすることの他に、
燃費を向上させる方法は
運転の仕方を変えることです。

 

いくら、足回りを軽くしても、
運転が雑だったりすれば、燃費は向上しません。

 

例えば、急発進・急停車は
燃費を低下させる主な原因となっています。

 

このような燃費を低下させる要因の運転は
極力避けましょう。

 

ただ、急発進などは悪いですが、
ハイブリット車特有のエンジンとモーターを

使い分けるアクセルワークで
運転するのが良いです。

 

つまり、マニュアル時のように、
エンジンの回転数などを意識しながら
運転することです。

 

ハイブリット車はある程度の回転数までくると
エンジンに切り替わる仕組みになっているので、

この原理を最大限活用することで、
燃費は向上します。

 

発進時にキレがいいと、
その後の燃費もいいことがわかっています。

 

発進時に、モーターとエンジンの力を
最大限つかえるように、
アクセルワークしましょう。

 

まとめ

人気のハイブリット車「プリウス」ですが、
燃費のいい車でさえ、

街乗りなどで走らせていると
カタログ表記の燃費は出せません。

 

カタログ表記は、
ある一定の条件で走った検査での燃費です。

 

そこで、足回りを軽くすることで
燃費の低下が抑えられます。

 

たとえば、アルミ製のホイールに
変えたりするのもいいですね。

 

また、ハイブリットの特有である、
エンジンとモーターを活かすことも大切。

 

この2点に注意して走行すれば、
燃費は向上するでしょう。

タイトルとURLをコピーしました