「おせち」の詰め方にはルールがある!日本の食文化を知ろう

年末年始

おせちを詰める時ってどうやって詰めればいいいか、
イマイチよく分かりませんよね…。

でも実はちゃんとおせちをお重に詰める際には、
どの段に何の料理を詰めるかというルールが
あるんですよ!

それを踏まえたうえで、
またちょっとした工夫などをすれば、
とってもキレイにおせちを詰めることが出来ます!

そこで今回はおせちを詰めるルールや
キレイに詰める
ちょっとしたコツ
ご紹介します。

おせちの詰め方のポイント!各段に詰めるものは決まっている

おせち料理って各段に詰める料理が
実は決められている
ので、
まずはそれを紹介していきます。

 

正しい詰め方のルールを知ることで、
よりおせちはキレイに見えますよ!

ではまず五段のお重の場合の詰め方
ルールを解説します。

 

 

  • 一の重(上から一段目)に詰める料理

 

祝い肴と呼ばれる、数の子、たたきごぼう、
黒豆などの料理。

 

 

  • 二の重

紅白かまぼこや栗きんとん、伊達巻、
昆布巻き、酢蓮、ちょろぎ、紅白なますなど、
口取り、酢の物と呼ばれる料理。

 

 

  • 三の重

焼き物と呼ばれる鯛やブリ、
エビなどの海の幸を使った料理。

 

 

  • 与の重(四という数字は縁起が悪いため、
    『与』という字を使います)

 

れんこんや里芋などのニンジン、
こんにゃく、ごぼうなどを使ったお煮しめ料理。

 

 

  • 五の段

空にして何も入れないでおくのが主流。

 

以上が五段重の詰め方ですが、
最近では三段重を使うことも多いので、

続いては三段重の詰め方を紹介します。

 

 

  • 一の重(上から一段目)

 

田作り、黒豆、紅白かまぼこ、たたきごぼう、
伊達巻き、栗きんとん、昆布巻きなど祝い肴、
口取りを入れます。

 

 

  • 二の重

紅白なます、酢だこ、数の子、ブリ、鯛、
エビ、ちょろぎ、酢蓮など、
酢の物や焼き物の料理を入れます。

 

 

  • 三の重

れんこんや人参、ごぼう、
こんにゃくなどを使ったお煮しめを入れます。

また家庭によっては、家族の好物や
その家独自の料理を入れる場合もあり。

 

以上がおせちの基本的な詰め方ルールなんですが、
家庭や地域によって
多少異なる場合もありますので、

あくまで今回紹介したルールは
参考程度にしておくといいですね!

⇒⇒⇒「おせち」の詰め方をきれいに見せるには?初心者でもできるコツ

 

おせちの詰め方をきれいに見せる「段取り」!仕切りを上手く活用

 

おせちをキレイに詰めるには、
以下のポイントを押さえると良いでしょう。

 

 

  • 仕切りや小皿を活用する

 

お重に仕切りがあるのでしたら
それを活用し、

なければ小皿などに料理をのせてお重に詰めて、
味移りなどがしないように詰めていくと良いですね。

 

特に紅白なますや黒豆など、汁気のあるものは、
小皿に持ってからお重に詰めるのがコツ。

 

バラン(お弁当などで使う
プラスチック製の葉っぱ)や、

中身をくり抜いたユズを使って
料理を仕切るのもおすすめです。

 

 

  • なるべく料理の高さを揃える

おせち料理はなるべく料理の高さを揃えて
詰めていくのがおすすめ!

凸凹しているより、高さを揃えて詰めた方が、
仕上がりがとってもキレイになるので
ぜひ実践していきましょう。

 

 

  • 崩れやすいものから先につめていく

 

崩れやすい料理から先に詰めていくことで、
とても詰めやすくなるし

仕上がりもキレイになりますよ!

 

 

  • お重の奥から詰めていく

おせちはお重の奥から詰めていくことで、
とっても詰めやすい段取りになるし
仕上がりもキレイになりやすいです。

反対に手前から詰めるとやりにくいので、
ぜひおせちはなるべく奥から詰めていきましょう。

 

 

  • 詰める料理も奇数になるようにしていく

お重に詰める料理は1品、3品、5品、7品など、
奇数になる品数で詰めていくと
とても縁起がいいですよ。

 

以上がおせちをキレイに見せる
詰め方ポイントなので、

これを踏まえたうえで、
お重に詰めていきましょう!

 

まとめ

おせちは各段によってどんな料理を詰めるのか、
基本的なルールが決められています。

 

地域や家庭で多少ルールが
変わることもありますが、
基本を押さえておくと詰めやすいですよ。

また、おせちを詰める時は
仕切りになるものを上手に活用し、

崩れやすい料理を先に詰め、
またお重の奥から詰めていくようにし、

料理の高さを揃えるのがコツなので、
ぜひ実践してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました