「おせち」の詰め方をきれいに見せるには?初心者でもできるコツ

年末年始

おせち料理はどうやったらきれいな詰め方が
できるんでしょうか?

 

 

やっぱりお重だと普段使い慣れていないから、
料理を詰めるのに苦労してしまいますよね。

 

 

でもコツさえ掴んでしまえば大丈夫!

 

 

そこで今回はおせちをきれいに盛り付けられる
初心者にもおすすめの詰め方をご紹介!

 

 

お正月準備の時には
ぜひ参考にしてみるといいですよ!

おせち料理の詰め方の基本から!これで全体が決まる

まずは基本となるおせち料理の詰め方を
知っておきましょう。

 

 

おせち料理は五段、三段、二段重によって
詰め方が変わってくるので、

それぞれ、どの段に何を詰めればいいかを
まずは解説します。

 

 

  • 五段重の詰め方

 

まず1番上の一の段には祝い肴(いわいざかな)
呼ばれる、黒豆数の子ゴボウのたたき
田作りなどを入れます。

 

そしてその下の二の重には、

口取りと呼ばれる紅白かまぼこ栗きんとん
伊達巻き酢の物と呼ばれる紅白なます
菊花かぶなどを入れましょう。

 

 

その下の三の重には
焼き物と呼ばれるブリ
鯛やエビなどの海の幸を入れ、

四の重(与の重と呼ぶこともあり)には煮しめ
つまり筑前煮を入れておきます。

 

 

一番下の五の重は控えの重といって、
空にしておくのが基本なんですよ。

 

 

  • 三段重の詰め方

 

三段のお重の場合は、一番上の一の重には
数の子黒豆田作りたたきごぼう
紅白かまぼこ伊達巻栗きんとんを詰めます。

 

 

そして二の重にはブリや鯛などの焼き物や、
紅白ナマス菊花かぶなどの酢の物
入れていきましょう。

 

 

一番下の三の重には
筑前煮などのお煮しめを入れるのが一般的。

 

 

  • 二段重の詰め方

 

二段重ねのお重を使う時は、上の一段目に祝い肴
口取り酢の物を入れ

二の重には焼き物と煮物を入れていきましょう。

 

 

 

何段のお重を使うかでやっぱり詰め方も
変わってくることがありますが、

基本としては、田の字型といって
お重を十字に仕切ったり、

市松型といって、縦横3つ、
計9つの四角に仕切って、
おせち料理を詰めていくのがおすすめ。

 

 

確かに縦横3つに仕切っていくようにすれば、
入れる料理が多い一の重や二の重は
料理が詰めやすそうですね。

 

 

三段重の一番下のように、
煮しめだけを入れるのでしたら、

もちろん無理に仕切らずに、
煮しめだけを詰めればOKですよ!

 

 

おせち料理の仕切り方に関しては、
下記のサイトも参考にしていくと良いでしょう。

 

 

 

でもやっぱり個人的には
田の字型や市松型に仕切って、
おせちを詰めていくのがおすすめですね。

 

 

その方が初心者でも料理を詰めやすいので、
ぜひチャレンジしていくといいですよ!

 

おせちの詰め方できれいになるかどうかを分ける秘密のポイント!

 

おせち料理をどうすればきれいに詰めるのか、
おすすめしたいポイントをまとめました。

 

 

  • 奥から順に詰めていく

 

おせち料理は手前からではなく
奥から順に詰めていくようにしましょう。

 

 

  • 形がしっかりしているものから詰める

 

かまぼこや焼き物など、
形がしっかりしているものから詰めると、

とても詰めていきやすいですよ。

 

 

反対に栗きんとんや紅白なますなどを
先に詰めてしまうと、
崩れてきてしまうのでご注意を!

 

 

  • 汁が出やすいものはカップや小皿に入れる

 

紅白なますや黒豆など、汁気の多いものは、
アルミカップを使ったり、

小皿に持ってからお重に入れるなどすれば、
味移りする心配もないのでおすすめです。

 

 

またバラン(プラスチック製の葉っぱ)などの
仕切りも使って、料理の味移りを
防ぐようにしましょう。

 

 

生身をくり抜いた柚子や竹筒の器なども、
仕切りに使えるのでおせちにぴったりですよ!

 

 

ちなみにアルミホイルも仕切りとして使えます。

 

 

  • 具材の高さを揃える

 

きれいに詰めるには料理の高さを揃えること。

 

 

そうすればからり見映えが良くなりますよ!

 

 

以上がおせちをきれいに詰めるコツなんですが、
やってみると意外と楽しいので、

次のお正月準備には、
ぜひ自分で詰めたおせちをいただきましょう。

 

 

ちなみに、詰め方に関しては
下記のサイトも参考にするといいですよ!

 

おせちの詰め方のコツ!基本からキレイに見せる技まで料理講師が解説 | 元駐妻から料理講師へ転身~海外生活&美味しいものブログ
こんにちは、料理講師をしているRikoです。 お正月に食べるおせち料理は、私はできる限り手作りをしています。しかし年に一度しか作らないので、重箱の詰め方にいつも悩んじゃうんですよね。 それで慌てて調べたり、過去に作った自・・・

 

まとめ

おせちは何段のお重なのかによって、
どの段に何を詰めるかが変わってきます。

 

 

でも田の字型や市松型など
四角形に分けて詰めていくと、

初心者でも割ときれいに詰められますよ!

 

 

また、小皿や中身をくり抜いた柚子を使ったり、
料理の高さを同じにしていけば、

かなり見栄えが良くなるので、ぜひステキに
おせちを詰めていくようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました