おみくじの平の意味ってナニ?順序や割合を知って楽しもう!

年末年始
この記事は約2分で読めます。

初詣に行くと、
必ずおみくじって引きますよね!

 

おみくじを引くのが
楽しみの一つでもあります。

 

何が出るかわからない
ドキドキ感って言うか…^^;

 

でも、おみくじの平の意味って?
割合や順序や決まっているの?

 

ふと疑問に思ったんです。

 

そこで、おみくじの平の意味や
割合や順序
について、
ご紹介します。

おみくじの平の意味って何?

毎年おみくじ引いてるけど、
「平」って出たことないなぁ~。

 

大吉、中吉とか多いです!

 

実際、「平」を入れてる神社って少ないそう。

 

逆に「平」を引いたら、
めっちゃ運がいいやん!!と思いましょう。

 

まぁ~意味は、平穏無事の「平」で、
現状維持ですね。

 

おみくじの順序は?

大吉、中吉、小吉、吉、半吉、
末吉、末小吉、平、凶、小凶、

半凶、末凶、大凶となっていますが、
コレがすべて入っている神社は少ないです。

 

上記すべて入っていたら、
ちょっと細かすぎてわかりにくいですよね^^;

 

一般的には、大吉中吉小吉
末吉大凶が多いそう!

 

おみくじの割合って決まっている?

浅草寺というお寺は、
1000年前に最初におみくじを
作った

比叡山延暦寺のお坊さんが、
古くからおみくじの割合を
必ず守っているトコロで有名。

 

基本は大吉17%、吉35%、小吉4%、
半吉5%、末吉6%、末小吉3%、凶30%と
決まっているそうです。

 

まとめ

おみくじ平の意味や順番や割合について、
ご紹介しました。

 

おみくじって、一年の始まりに引くので、
出た内容によって一喜一憂してしまうけど、

 

日頃から感謝の気持ちで過ごしていると、
きっとイイお告げがでますよ!

 

おみくじを引くのを楽しみましょう^^

タイトルとURLをコピーしました