お風呂の壁紙のカビが取れない!?その原因と予防法

家事
この記事は約4分で読めます。

お風呂場の壁紙などにはなぜカビが
発生してしまうんでしょうか?

 

 

カビが生えてしまうと
掃除も大変だしとても厄介ですよね…。

 

 

でもカビが生えてしまうのには
ちゃんとした理由があるんですよ。

 

 

そこで今回はなかなか取れない
厄介なお風呂場の壁紙に生えるカビ
は、
何故生えてきてしまうのか
その原因と予防策を紹介していきます。

お風呂の壁紙のカビのしつこい黒ずみ!なぜ発生するの?

お風呂場の壁紙などに、
カビが生えてしまう原因は
ズバリ湿気と温度なんです。

 

 

カビは湿気を高い温度を好むので、
お湯を使うお風呂場はとてもカビの菌にとって、
快適な環境になっているんですよ。

 

 

しかも石鹸カスや皮脂などは
カビのエサになってしまうので、

余計にカビが生えやすくなってしまい、
お風呂場はカビにとって
パラダイスみたいな状況になってしまうんです。

 

 

確かに住み心地もよくエサもあるんですから、
カビが住み着いてしまうのも
無理もありませんよね…。

 

 

そのためカビを撃退するには、
この環境を改善していくのが
ベストな方法と言えるでしょう。

 

 

まず生えてしまったカビに関しては、
お風呂場用の中性洗剤では
なかなか取れないので、

カビキラーなどの塩素系漂白剤を使って
撃退していきましょう。

 

 

塩素系漂白剤をカビにスプレーしておけば、
軽いカビなら簡単に撃退することが出来ます。

 

 

ただし頑固な簡単に取れないカビに関しては、
カビをキッチンペーパーや
ティッシュなどを使って、

パックしていくようにしましょう。

 

 

まず塩素系漂白剤をスプレーした後、
キッチンペーパーやティッシュで覆って、
その上からもう1度漂白剤をスプレーしておきます。

 

 

そして30分~1時間後、
ペーパーを外してすすげば、

なかなか取れないカビも
キレイに取ることが出来ますよ。

 

 

この方法は漂白剤をカビに
浸透させることが出来るので、
とっても効果的なのでぜひお試しください。

 

 

我が家でもカビが生えた時は
この方法でカビを除去していますよ!

 

お風呂の壁紙のカビは事前の手入れが大事!普段するべき事

 

カビをお風呂場の壁紙などに
生えさせないためには、
こまめなお風呂掃除がまず予防策としては
おすすめ。

 

 

やっぱり石鹸カスや皮脂などが残っていると、
カビがエサにしてしまうので、

それらを残さないように、
お風呂場はこまめに
お掃除していくのがいいですね。

 

 

また、入浴後はお風呂場全体の水気を
拭き取って、6時間以上は換気扇を回すなどして、
しっかり乾燥させていくようにしましょう。

 

 

そうすれば湿気がお風呂場に溜まらないので、
カビが生えにくくなっていくようになりますよ!

 

 

また、筆者が個人的におすすめするのは、
防カビ燻煙剤(くんえんざい)を使用すること!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルック おふろの防カビくん煙剤(5g)【rainy_2】【StampgrpB】【stmp04】【ルック】
価格:594円(税込、送料別) (2019/12/1時点)

楽天で購入

 

CMでも時々みかけますが、
お風呂場の掃除後に、

この防カビ燻煙剤を焚いておくことで、
カビが生えにくくなるので
とっても大助かりなんです!

 

 

ということで、ぜひ防カビ燻煙剤を
定期的に焚いて、
カビが生えてこないようにしていきましょう。

 

 

筆者宅のお風呂場も燻煙剤を使っていますが、
本当にカビが生えてこなくなるので
とっても安心ですよ!

 

まとめ

お風呂場の壁紙などにカビが
生えてしまうのは、
湿気や汚れを溜めてしまうから。

 

 

湿気と汚れはカビにとって
快適な環境にしてしまうので、

こまめにお風呂掃除をしていくことと、
入浴後や掃除後は、
しっかりと換気をしていくようにしましょう。

 

 

また防カビ燻煙剤を使うのも
カビ予防に有効なので、

ぜひカビを防いで清潔なお風呂場を
保つようにしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました