お風呂の壁紙のカビが中々落ちない!そんな時の2つの解決策

家事

お風呂の壁紙にカビが落ちにくい時は、
どうやったらキレイになるんでしょうか?

 

 

やっぱり頑固なカビだと
落とすのにとても苦労しますよね…。

 

 

そこで今回はお風呂の壁紙に生えた
なかなか落ちないカビを除去する、
とってもおすすめな方法を紹介していきます。

 

 

 

ぜひ覚えておいて、
お風呂掃除に役立てていくと良いですよ!

お風呂の壁紙のカビにはクエン酸!小さじ1杯で驚きの効果

お風呂のカビ汚れにはクエン酸が効果的!

 

 

スプレーボトルの中に水200mlと、
クエン酸を小さじ1杯入れて
よく振って混ぜましょう。

 

 

すると簡単にクエン酸スプレーが
出来上がるので、
お風呂掃除にとっても活用できますよ!

 

 

ちなみにクエン酸スプレーは
市販もされているので、

あえてわざわざ作らなくても、
市販のものを使ってもOKです。

 

 

クエン酸スプレーを使えば、水垢はもちろん、
カビの除去にも役立ちますよ。

 

 

まず、カビの生えた部分に
クエン酸をスプレーしておき、

キッチンペーパーや
ティッシュペーパーなどで覆っておきましょう。

 

 

そしてその上から更にクエン酸をスプレーして、
30分~1時間そのまま放置しておきます。

 

 

その後、キッチンペーパーやティッシュを剥がし、
掃除用のスポンジなどでこすりながら、
シャワーですすぎ洗いをしていけばOK!

 

 

ペーパーを使ってパックすることで、
よりクエン酸が浸透していくので、

カビの撃退により効果的になるんですよ!

 

 

お風呂掃除の時はぜひ、
壁紙のカビや水垢汚れには、

クエン酸を使って
パックしていくようにしてくださいね。

⇒⇒⇒お風呂の壁紙のカビ汚れ!放っておくと大変なことに!?

 

お風呂の壁紙のカビにはオキシクリーンも◎!やり方と注意点

 

お風呂場の壁紙に生えたカビには、
オキシクリーンを使うという方法
おすすめです。

 

 

まず4リットルのお湯を用意し、
そこにオキシクリーンを溶かしていきましょう。

 

 

そして雑巾やスポンジをそこに浸し、
絞ってお風呂場の壁紙を拭き
掃除していきましょう。

 

 

そうすればカビ汚れも
キレイに落とせるようになりますよ!

 

 

十分にカビや汚れが落とせたら
最後はよくシャワーですすいだ後、

水気を拭き取って浴室の換気をしておけばOK!

 

 

やっぱりカビを予防するには、
浴室をしっかり換気しておくのがベストなので、

ぜひ掃除後や入浴後は
換気を忘れないようにしましょう。

 

【オキシクリーンを使う時の注意点】

  • ゴム手袋などをしてなるべくは
    素手で触らないこと。

  • オキシクリーンを使う時は、
    塩素系漂白剤を絶対に混ぜないこと!!

 

オキシクリーンは塩素系漂白剤ではなく
酸素系漂白剤ですが、

やっぱり肌に直接触れると
手荒れしてしまう可能性があるので、

なるべくはゴム手袋をしておくようにしましょう。

 

 

ちなみに、クエン酸や
オキシクリーンでも、

あまりにも頑固なカビは
落とすことが難しいんですよね…。

 

 

 

やっぱりカビにはクエン酸や
オキシクリーンよりも、

塩素系漂白剤が一番効果的なんです。

 

 

 

そのため、クエン酸やオキシクリーンでも壁紙など、
お風呂場のカビが落とせない場合は、

塩素系漂白剤を先ほど紹介した、
ペーパーでパックする方法を
試していきましょう。

 

 

塩素系漂白剤をまずカビにスプレーし、
キッチンペーパーやティッシュなどで
カビの部分を覆ってから、

さらにその上からスプレーして
30分~1時間待ち、
ペーパーを外してよくすすげばOK。

 

 

やっぱりパックをすることで、
漂白剤の成分を浸透させられるので、

頑固なカビにもかなり有効ですよ!

 

 

ぜひお風呂場のカビに試してみてくださいね!

 

まとめ

お風呂場の壁紙に生えたカビは、
クエン酸スプレーやオキシクリーンを使えば、

スッキリとキレイに落とすことが出来ます。

 

 

ただいオキシクリーンを使う時は、
なるべくゴム手袋を着用しておきましょう。

 

 

また、頑固なカビは
クエン酸やオキシクリーンでも
落とせないので、

塩素系漂白剤をパックして
除去していくのがベストですよ!

タイトルとURLをコピーしました