お中元を渡す時期やマナー!気になる細かい点を要チェック

スポンサーリンク
お中元
スポンサーリンク

夏の贈り物といえば…お中元ですよね!

 

日頃お世話になっている方々や、
親戚へ贈ると人も多いかと思います。

 

誰にどんなものを贈ろうかなぁ~と早い時期から
考えている人もいますよね。

 

このお中元って、ただ贈り物をすればいいわけではないんです。

 

渡す時期やマナーをしっかり守らないと、

非常識だと思われてしまうことも・・・

 

お中元のマナーとは一体どういうものがあるんでしょうか?

 

スポンサーリンク

お中元を贈るのに仏滅の日はOK?実は関係なかった!

まず、お中元は地域によって渡す時期が違うんですよ。

 

北海道は、7月中旬ごろ~8月15日まで

東北・関東は、7月初旬ごろ~7月15日まで、

北陸は、地域によって7月初旬ごろ~7月15日頃、
7月中旬ごろ~8月15日とわかれます。

 

東海・関西・中国・四国は、7月中旬ごろ~8月15日
吸収は8月1日~8月15日となります。

 

ただ、最近では関東に合わせて早めに
お中元を贈るトコロも増えてきていますよ。

 

 

そして、お中元を贈る時に日柄も気になりますよね。

特に仏滅に渡してもいいのかな?と思う人もいるかもしれません。

 

実は、この仏滅というのは元々は中国の占いが

由来となっている六曜というものなんです。

 

お中元は、日本独特の文化で日頃の感謝を伝えるものなので

仏滅は全く関係がないんです。

そのため、お中元を贈る日が仏滅でも問題ないですよ。

 

お中元の渡し方で紙袋ごと渡していいの?知っておきたい基礎知識

 

最近では、お中元を郵送で贈ることが

増えてきていますが、手渡しで渡す人もいますよね。

 

お中元を相手方へ直接手渡しに行く時、

品物を紙袋へ入れて持っていくことが多い!

 

渡すときにそのまま渡してもいいのか…と悩んでしまいますが、

紙袋ごと渡すのはNGですよ!

 

お中元を渡すときには、紙袋から出して

のしが相手から正しく読める方向にして
両手で渡すようにしましょう。

 

ただ、ビジネスの場合は、

自宅以外で渡す時、持ち帰りのことも考えて
紙袋も渡した方が良い場合もあります。

 

そんな時は、持参した時の紙袋を渡すのではなく、

贈り物を手渡しした後、新しい紙袋を渡すようにしましょう。

 

まとめ

お中元は、どんなものを贈ろうかなぁ~と一番に考え、

贈り物が決まったら一安心!と思ってしまいますが、

渡す時期や渡し方にも注意が必要!

 

マナー違反にならないように、気をつけましょうね^^

お中元
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?