お弁当のサンドイッチは前日に作ってOK?実は中身次第

食べ物・飲み物
この記事は約4分で読めます。

お弁当のサンドイッチは前日に
作ってしまっても大丈夫なんでしょうか?

 

 

やっぱり朝は忙しくて
お弁当が準備できないことが多いから、

前日のうちに作っておくと
すごく助かりますよね。

 

 

でも生野菜などを使ったサンドイッチを
前日に作ってもOK?

 

 

今回はそんな、
サンドイッチは前日に作っても良いのか否か
またサンドイッチの傷みにくい具材を紹介します。

 

サンドイッチを前日に作る際はレタスなどの生野菜はNG!水分が原因

サンドイッチのお弁当は前日に作ってもOKですが、
生野菜を使ったものは絶対にNGですよ!

 

 

というのも、生野菜から水分が出てしまい、
サンドイッチのパンを
湿らせてしまうからなんですね。

 

 

すると美味しくなくなるし、
なにより食中毒を発生させてしまう場合も!

 

 

レタスやトマトやキュウリなどの生野菜は、
前日ではなく、

よく水気を拭き取って当日の朝、
サンドイッチに挟んでおくのが良いでしょう。

 

 

でも夏場などは生野菜を使ったサンドイッチは、
あまり控えた方が良いかも知れません。

 

 

代わりにカツサンドやハンバーグ、
厚焼き玉子、茹でたウインナー、メンチカツ、

コロッケ、ベーコンなど、
加熱をしてあるものが
サンドイッチにおすすめですね。

 

 

ツナマヨや卵サンドも、マヨネーズを使うので、
夏場のお弁当のサンドイッチには
あまり向いていません。

 

 

食中毒を起こさないためにも、なるべく
水分が控えめな具材
サンドイッチを作るのが良いんですね。

⇒⇒⇒サンドイッチを前日に作って冷蔵庫に保存したい!注意点は?

 

サンドイッチを前日に作るなら卵やハムなどの具材で!保存もOK

 

サンドイッチを前日に作る場合は、
先ほども説明したように
生野菜を入れないものにしましょう。

 

 

しっかり中まで焼いた厚焼き玉子のサンドや、
ハムを使ったサンドイッチなども良いですね。

 

 

ただし夏場はハムなどの加工肉は、
加熱しないとちょっと危険なので、

夏場にハムサンドを作る場合は、
念のためハムは火を通しておくと安心。

 

 

そして先ほども説明しましたが、
卵サラダのサンドは、

マヨネーズが傷みやすいので
極力使わないようにしていきましょう。

 

 

やっぱりサンドイッチの具材って、
食中毒を起こしやすい食材も
多いから気を遣いますよね…。

 

 

でも、生野菜やハム、マヨネーズを
どうしても使いたい場合は、

しっかりと保冷をしておけば
食中毒を起こす心配はあまりないでしょう。

 

 

あとはお弁当箱や調理器具を
しっかり消毒しておくこと!

 

 

もちろん調理する際の手指も
清潔にしておかなければいけませんよ。

 

 

ということで、前日にサンドイッチを作るなら
生野菜は避け、

当日は食中毒を起こさないように、
消毒と保冷を徹底していってくださいね!

 

まとめ

お弁当のサンドイッチを前日に
作っておきたい場合は、

生野菜は挟んでしまうのはNGですよ!

 

 

水分でパンが濡れるし
食中毒も起こしやすくなってしまいます。

 

 

また、夏場のサンドイッチ弁当には、
しっかりと加熱したものだけを
挟むようにすると良いですね。

 

 

もしくはしっかりと保冷をして、
お弁当を作る際も雑菌が付着しないように
注意を払って調理しましょう。

 

 

ちなみに筆者は夏場にコンビーフサンドを作って、
プールに持って行ったことがありましたが、

きちんと保冷しておいたので
食中毒も起きずに大丈夫でしたよ!

タイトルとURLをコピーしました