大雨警報って何ミリで発令されるの?あなたの疑問にお答えします

生活

大雨警報って、雨が何ミリ降ったら
発令されるものなんでしょうか?

 

 

かなり土砂降りでものすごい豪雨でも、
警報が発令しない場合も時々ありますよね。

 

 

そこで今回は、意外と知られていない大雨警報
発令される条件を紹介します。

大雨警報の基準は「○○mm」ではない!正しい基準は?

実は大雨警報って、
雨がどれくらい降ったら発令するものと
決まっていないんですよ。

 

 

大雨警報は、大雨が降ったことによって、
浸水や土砂崩れなどが発生する危険性が
出てきたら発令するもの。

 

 

そのため、地域ごとによって警報が発令される
基準が変わってくるんです。

 

 

てっきり大雨警報って、何ミリの雨が降ったら
必ず全国どこでも発令するもの、

というイメージでしたら、本当は地域で
細かく条件が定められていました。

 

 

確かに山沿いや地盤のゆるい地域だと、
大雨が降ったことで土砂崩れが発生しやすいし、

大きな河川がある地域なら、
川が増水して床下浸水しやすい場合もありますよね。

 

 

では、自分が住んでいる地域は、

一体どれくらいの降水量で警報が発令されるのか、
各地域の大雨警報の基準を知りたい場合は、
下記の気象庁のサイトから確認できます。

 

気象庁 | 千葉県の警報・注意報発表基準一覧表
千葉県の気象警報・注意報の発表基準を掲載しているページです

 

 

もしもの時のために、お住まいの地域の警報発令基準は、
念のためチェックしておくといいですね。

 

大雨警報はいつまで?解除されるタイミングは!

 

土砂崩れや浸水などの危険性が
少なくなったと判断されると、
大雨警報も解除されます。

 

 

ただし、大雨警報で特に危険とされるのが土砂災害なので、

基本的には土砂崩れする心配がなくなった時点で、
警報が解除されることが多いんですよね。

 

 

でもまだ浸水の危険性がある場合は、
大雨警報ではなく、
洪水警報として引き続き発令される状態になります。

 

 

ちなみに、たとえ雨が止んだとしても、
地盤がゆるんでしまっていたり、

浸水被害が発生する可能性がある場合は、
大雨警報が解除されない場合もあるんですよ。

 

 

 

雨が止んでから土砂崩れしたり、

河川の決壊によって浸水が発生するケースも少なくないので、
もし住んでいる地域で雨はもう上がったのに、

警報が解除されない時は、
安心せずに十分に注意してくださいね。

 

 

たとえ雨が止んでいたとしても、

それまで降っていた雨量が多いと、
土の中に水分が溜まった状態になり、
土砂崩れが起こりやすくなっているかもしれません。

 

 

警報が発令された地域では、
解除の案内が出るまでは、
絶対に油断をしてはいけませんよ。

⇒⇒⇒大雨洪水警報で学校は休みになる?横浜市教育委員会の見解!

 

まとめ

大雨警報が発令されるのは降水量が
何ミリと一律で決まっているのではなく、

地域によって細かく基準が設定されています。

 

 

そのため、大雨が降ったとしても、
土砂災害や浸水害の危険性がなければ、

警報が発令しない地域もあるんですよ。

 

 

また、土砂崩れなどの災害の危険性がないと
判断されると、
ようやく大雨警報は解除されます。

 

 

ただし、大雨警報が解除されても、
洪水警報などが引き続き発令される場合もあります。

 

大雨の時は地域のホームページをチェックしたり、
天気予報やニュースなどで
こまめにチェックするといいですね。

タイトルとURLをコピーしました