入学祝いに図書カードを贈りたい!金額はどのくらいが相場なん?

スポンサーリンク
季節のイベント
スポンサーリンク

卒業や入学のシーズンになると、

大人は頭を悩ませることがあります。

 

親戚やお世話になった人のお子さんなどへ贈るお祝いです。

入学祝いは小学校から大学まであるので、

学齢によって贈るものも考えないといけません。

 

子供が喜ぶことだけじゃなく、
勉強や子供の成長に役立つものを
選ぶとなると難しいですよね。

 

図書カードは、
書店で使える金券なので、

学齢に関係なく入学祝いの定番となっています。

 

そこで、図書カードなど金券や現金を
入学祝いに贈る場合の相場についてまとめています。

 

スポンサーリンク

入学祝いは誰に贈るものなの?

 

入学祝いは、基本的には親戚関係で贈るものです。

祖父母から孫へ、おじさん、おばさんから甥や姪などです。

 

親戚ではなくても、とてもお世話になっている人のお子さんが
入学することを知った場合などは贈ることもあります。

 

ですが、友人関係では基本的には必要ありません。

 

入学祝いはあくまでも親ではなく子供に渡すものです。

親同士が友達というだけなら、
お祝いを贈る必要はありません。

 

家族ぐるみでお付き合いしているような親しい関係なら
お祝いしてもいいでしょう。

 

ですが、友達同士であまり堅苦しく儀礼的なお祝いをしてしまうと、
受け取る側もお返しのことなど気を使わせてしまいます。

 

友達同士では、言葉だけで十分ですね!

 

入学祝いの相場の目安!親戚の場合では?

入学祝いとして腕時計や筆記用具などの品物を
贈ることもありますが、

現金を包む場合は金額の相場が気になりますね。

 

一般的に身内で入学祝いを包む場合の相場です。

 

  • 小学校、中学校では5,000~10,000円
  • 高校では10,000~20,000円
  • 大学では10,000~30,000円

 

これはあくまでも相場なので、
家族間で相談して決めれば大丈夫です。

 

金額に幅があるのは、祖父母とそれ以外の親戚の違いです。

さらに同じ立場でも年齢や地位の違いもありますよね。

 

20代でも甥や姪がいる人もいます。
40代の親戚たちと同じ金額に揃える必要はないでしょう。

 

入学祝いを受け取ると、

最近は内祝いとしてお返しをするケースもあります。

 

本来は子供に贈るものなので、お返しは不要

 

あまり高額なお祝いをして、

親戚同士で気を使わせる結果にならないように、

無理のない程度にしましょう。

 

友達同士では入学祝いはしなくても良いのですが、
どうしてもお祝いしてあげたい気持ちがあるのなら、

3,000~5,000円程度で良いですね。

 

図書カードの他に喜ばれるものは?

 

図書カードは、本屋さんでしか使えない金券なので、
入学祝いとして安心して贈ることができます。

 

勉強に必要な本だけじゃなく、
好きな本を選べばいいので、喜ばれますね。

 

図書カード以外にも、例えばAmazonのギフトカードのような

電子マネーギフトも現金の代わりに贈るケースも増えています。

 

図書カードのように使うところが限定されないので、
高校生や大学生には喜ばれるでしょう。

 

入学する子供の年齢に応じて、

選択肢を広げてみてもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

入学祝いはおめでたいことなので、
早めに贈るのがマナーです。

 

もしも直接手渡せない場合は、

郵送でも良いので入学前に渡せるようにしましょう^^

季節のイベント
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?