年賀状の宛名を家族全員書きたい!正しい書き方を知ろう

年末年始

年賀状の宛名を家族全員書きたい場合、
一体どうやって書けばいいんでしょうか?

 

 

連名にする場合の順番とか、
全員フルネームで書くべきなのかが
よく分かりませんよね。

 

 

そこで今回は年賀状を書く時に知っておきたい
宛名を家族全員書く場合のマナー
紹介していきます。

 

 

ぜひ参考にして年賀状を書いていきましょう。

 

年賀状の宛名で家族全員書くには?覚えておきたい書き方とマナー

年賀状の宛名に家族全員を書く場合、
基本的には世帯主を最初に書きます。

 

 

そしてその左隣に奥さんの名前を書き、
もしお子さんがいるのなら、
またその左隣に書いていきましょう。

 

 

お子さんがもし兄弟姉妹いるのでしたら、
まず上の子の名前を書き、
次に下の子の名前を書けば大丈夫!

 

 

ただしフルネームで書くのは世帯主のみ
奥さんや子供は、下の名前だけを
書くようにしてくださいね。

 

 

また、全員に『様』と敬称をつけるのも忘れなく。

 

 

ちなみに、お子さんの名前は
省略して書かなくてもOK!

 

 

夫婦だけの名前を
年賀状に書くようにしましょう。

 

 

でも出来れば、お子さんの名前も
宛名に書いておいた方が、

筆者としてはすごく丁寧に感じるので
おすすめですよ。

 

 

特に家族ぐるみでお付き合いがあるのでしたら、
お子さんの名前も年賀状に
ちゃんと書いておきましょう。

 

 

ちなみに、家族が多くて年賀状に
全員の宛名を書ききれない場合は、

世帯主の名前をフルネームで書いたら、
その左隣に『御家族様』と書いておけばOK!

 

 

確かにお子さんが何人もいたりする家庭だと、
やっぱり年賀状に書ききれないことって
多いですからね。

 

 

そのため、もしお子さんが4人以上いる場合は、
『御家族様』と書いて省略するといいですよ!

 

 

ちなみに、女性の友人へ年賀状を送りたいけれど
家族ぐるみの付き合いもなく、

世帯主と面識もない場合は、
友人の名前だけを書いて年賀状を出せばOKですよ。

 

 

 

年賀状の宛名を書くって
ちょっとややこしいですね…。

 

 

でも、誰宛てに年賀状を送るか、
ということを考えれば宛名書きに迷いませんよ!

 

年賀状の宛名を旧姓での書く時の書き方!書く位置にも注意

 

結婚しても職場では新姓ではなく、
旧姓を使っている女性が時々いますよね。

 

 

また、結婚しても旧姓で呼んでいる場合などでは、
年賀状も旧姓で送っても大丈夫でしょう。

 

 

要するに、年賀状を送る友人が仕事でも
私生活でも旧姓を使っている場合は、

年賀状の宛名を旧姓で出しても問題ありません。

 

 

ただしこの場合、夫婦連名で
年賀状の宛名を書く際、

友人は旧姓のフルネームを書いた方が
いいのか分からなくなってしまますね。

 

 

もし迷ってしまったら、
宛名は友人の名前だけにすればOKです。

 

 

つまり夫婦連名にせずに、あくまで
友人だけに宛てた年賀状にすればいいんですね。

 

 

特に友人の旦那さんと面識がない場合は、
年賀状は友人だけの宛名でOKです。

 

 

ただし、家の表札は新姓つまり旦那さんの名字が
書かれていますので、

友人への年賀状を旧姓で書いてしまうと、
郵便配達の人が困ってしまいます。

 

 

そこで、年賀状の宛先の住所の最後に
『○○(新姓)様方』と書いておきましょう。

 

 

そうすれば宛名が旧姓で書かれていても、
ちゃんと年賀状が届きますよ!

 

まとめ

年賀状で家族全員の名前を宛名に書く時は、

世帯主の名前をフルネームで書き、
その左隣に奥さん供、
という順で下の名前だけを書いていきます。

 

 

もちろん敬称も忘れずに。

 

 

子供は二人以上いる場合は
上の子から順に書いていきましょう。

 

 

もし大家族なのでしたら、
世帯主の氏名だけを書き、
あとは『御家族様』と書いておきましょう。

 

 

また、年賀状を送りたい友人が
結婚しても旧姓で通している場合は、

旧姓のまま年賀状を送ってもOKです!

タイトルとURLをコピーしました