熱中症は体温が上がり体に異常が出る!しかも重症度に段階がある!?

スポンサーリンク
美容・健康
スポンサーリンク

毎年夏になると熱中症が心配…。

 

 

特に屋外で仕事をしたり運動をする人は注意が必要です!

 

 

そこで、熱中症になるとどんな症状が現れるのか、

改めて知っておくといいですよ。

 

 

今回は熱中症になった場合の症状について解説します。

 

スポンサーリンク

熱中症の症状で頭痛がでたら!迷わず病院に行こう

熱中症になると頭痛が起きる場合もありますが、

寝不足や風邪気味だったり、
元から頭痛持ちの体質だと、

熱中症によるものなのか?気づかない場合も
多いんですよね。

 

 

でもそのまま放っておくと
熱中症はあっという間に悪化するので、

もし頭痛がするようなら、
すぐに日陰や屋内に避難して、

水分を摂って休憩をしてください。

 

 

ちなみに頭痛の他にも、立ちくらみや吐き気、

体がだるくなるなども、

熱中症の初期症状の可能性があります。

 

 

でも、体調が万全でない場合は、

夏場の屋外での仕事や激しい運動は
控えた方がいいですね。

 

 

体力が落ちていると余計に
熱中症になりやすいのでご注意を!

 

 

ちなみに、頭痛や立ちくらみくらいでしたら、

まだ軽度なのでしっかりと水分補給と休憩をとり、

その後は無理をしなければそこまで健康被害は出ません。

 

 

ただ、体温が異常に上がっていて40℃を超えるようになると、

熱中症が重度になってしまっているので、
すぐに医療機関を受診しましょう。

 

熱中症の症状で痙攣や意識障害が起きたら? それはかなり危険なサイン

 

体がけいれんしたり意識障害、

つまり意識がなく呼びかけても反応しなくなると、

もう熱中症はかなり危険なレベルまで
到達してしまっています。

 

 

もし誰かがこのような状態になってしまったら、

命に関わるのですぐに救急車を呼んでくださいね。

 

 

意識障害が起きてしまうと、

自分で水分を補給することも出来ないので、

放っておくのは絶対にNGですよ。

 

 

救急車が到着するまでの間、

熱中症にかかってしまった人を涼しい場所に移し、

の衣服をゆるめ、脇や太ももの付け根、首筋など、

太い血管がある部分に水をかけるなどして冷やし、

とにかくすぐに体温を下げてください。

 

 

手元にうちわなどがあればそれを使って、

風を送ってあげるのも効果的ですね。

 

 

なければタオルなどであおいであげるのもおすすめです。

 

 

ただ、実際に目の前で人が熱中症で倒れると、

パニックになって冷静な判断や
応急処置ができない場合もあります…。

 

 

それでも、熱中症で意識がないということは、

かなり危険な状態なので、とにかく体を冷やす、

ということを頭に入れておくようにしましょう。

 

 

周囲に複数の人がいる場合は、誰かが救急車を呼び、

他の人が体を冷やすという分担をして
応急処置をするといいですね。

 

 

夏場も屋外で仕事をしたり、激しい運動をするという人は、

もしもの時のために熱中症対策をしっかりしておくと安心。

 

 

でもやっぱり、熱中症にならないという予防策が大事ですね。

 

 

 

体調があまり良くない時に無理をしないことや、

こまめな水分補給と休憩がポイントになるので、

熱中症はしっかりと未然に防ぐようにしましょう。

 

まとめ

熱中症になると、まず初期の段階では、

立ちくらみや頭痛などの症状が現れ、

悪化すると吐き気や体がだるくなり、

更に重度になると痙攣や意識障害が引き起こされます。

 

 

重度になるとかなり危険なレベルなので、

もし熱中症で倒れた人がいたら、体を冷やすなど応急処置をし、

救急車で病院に運ぶようにしましょう。

美容・健康
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?