鍋の頑固な焦げを落とす方法とは?アルミ鍋にホーロー鍋…

家事

アルミ鍋やホーロー鍋など、
鍋の頑固な焦げを落とすには、
何を使うのがベストなんでしょうか?

 

やっぱり焦げが頑固だと
普通の洗剤では落としきれないですよね。

 

そこで今回はアルミ鍋とホーロー鍋など
鍋の頑固な焦げを落とす方法をご紹介!

ぜひこびりついた鍋の焦げも
落としていってくださいね!

アルミ鍋の焦げに効果的なのは…お酢!

アルミ製の鍋の焦げはお酢を使うことで、
比較的簡単に落とすことが出来るんですよ。

 

お酢なら基本的に
どの家庭にもありそうなものだから、
焦げを楽に落とせそうですよね。

 

ではより詳しい使い方をご説明します。

 

  1. まず鍋の焦げた部分が
    浸るくらいに水を注いでください。

  2. 次にお酢を入れていきますが
    その量は、水1Lに対して
    だいたい大さじ4~5杯ほどですね。

  3. あとは鍋を弱火で火にかけて、沸騰したら
    そのまま煮ていくようにしましょう。

  4. 約10分煮たら火を止めて、
    中のお湯を捨ててスポンジなどで
    焦げの部分をこすっていってください。

 

この時、鍋はとても熱くなっているので、
くれぐれも火傷をしないように注意をしながら、
スポンジでこすっていくといいですよ。

 

スポンジには食器用の洗剤をつけておくと、
より焦げが落ちやすくなるので
とてもおすすめです。

 

ということで、アルミ製の鍋には
お酢を溶かした水を入れて、

10分間弱火で煮ていくというのが、
頑固な焦げを落とす方法なんですね!

 

筆者もうっかり鍋を焦がしてしまった時には、
ぜひ試してみます。

 

やっぱり鍋を焦がさないようにするのが
一番良いんですが、

どうしてもたまーに
焦がしてしまうことってありますよね。

 

そんな時はお酢の力に頼ると解決できるので、
ぜひ頑固な焦げは
お酢で落とすようにしていきましょう。

 

ホーロー鍋の焦げが気になるなら、重曹かセスキ炭酸ソーダ!

 

ホーロー鍋の焦げは、
重曹かセスキ炭酸ソーダを使うのがベスト!

 

焦げの落とし方はアルミ製の鍋の時と同じように、
焦げの部分まで水を張り、

そこに重曹かセスキ炭酸ソーダを入れて、
弱火にかけていくようにしましょう。

 

重曹ならコップ1杯の水に対して大さじ1杯、
セスキ炭酸ソーダも
同量を入れて溶かすのが良いですね。

 

重曹やセスキ炭酸ソーダを使う場合は、
5分~10分煮立たせれば、
焦げをキレイに落とすことができますよ!

 

ただし、ホーロー鍋の場合も、
熱いお湯を捨てて
すぐにスポンジなどでこする必要があるので、
やっぱり火傷には注意が必要ですね。

 

くれぐれも火傷しないよう、
ゴム手袋などをして、
焦げをこすり落としていくようにしましょう。

 

ちなみにセスキ炭酸ソーダや重曹で
鍋の外側を洗うと、

表面についた焦げなども
落とすことが出来るのでとてもおすすめ。

 

やっぱり重曹やセスキ炭酸ソーダって、
すごく役に立つものだったんですね。

 

我が家にも重曹を常備してあるので、
もし鍋を焦がしてしまったら試してみます!

 

ということで、アルミ鍋もホーロー鍋も、
それぞれ、お酢や重曹やセスキ炭酸ソーダを、

グツグツと煮立たせてから
こするという方法で、

頑固な焦げもしっかり落とせるので
ぜひ試してくださいね!

 

まとめ

アルミ製の鍋の焦げを落とすには、
水とお酢を入れて10分煮立たせてから、
お湯を捨ててこすり洗いをしていくこと。

 

ホーロー鍋の場合も、
水と重曹かセスキ炭酸ソーダを入れて煮立たせ、

お湯を捨ててからこすり洗いをすることで、
頑固な焦げもキレイにすることが出来ますよ!

 

  1. どちらも鍋が熱いまま
    こすり洗いをする必要があるので、

火傷にはくれぐれも
注意して落とすようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました