喪中の時、初詣のルールはあるん!?

年末年始
この記事は約2分で読めます。

今年も残り少なくなってきたね~^^;

 

月日がすぎるの早いなぁ~って感じる毎日。

 

毎年、お正月は神社に初詣に
行くの楽しみにしているのに…

 

今年は喪中なんだよね~。

 

喪中の時、初詣のルールってあるの?
喪中時、神社には行けるのか?
について、
紹介します。

喪中時、神社に行ける?

結論から言うと…

 

神社に行ってもOKです!!

 

 

◎喪中期間とは?

亡くなった人に対して懐かしむ期間で一年。

結婚式やお祝い事などは避けた方がいいですが、
初詣には行っても大丈夫なんですよ^^

 

行ってはダメなときは、忌中期間です!!

 

◎忌中期間とは?

家族の死に対して悲しみにくれている期間。

  • 父親、母親・配偶者が亡くなった時は50日間
  • 祖父母は30日間
  • 兄弟、姉妹・子どもは20日間

 

お寺に初詣に行くときは供養なので、
忌中・喪中気にせず行ってください

 

喪中と忌中の意味を理解していないと
ごっちゃになりそうですね。

 

なぜ忌中の時、神社に初詣に行ってはいけないのか?

神社は神道(しんとう)だからです。

仏教の場合は49日、神道の場合は50日とされています。

それは、人が亡くなったら穢れ(けがれ)がついているから
50日間が終わるまでは神社に行ってはいけないのです。

 

神社の鳥居もくぐってはいけません

 

まとめ

喪中の時、神社に行っても大丈夫なことが
わかってよかった~^^

 

もんもんとしてたから…行けるとわかり、
どこに行こうか楽しみ!

 

よい年を迎えることができそうですね~。

タイトルとURLをコピーしました