みなと神戸花火大会2019の有料席や穴場スポットをチェック!

スポンサーリンク
お祭り・花火大会
スポンサーリンク

約15,000発の花火が打ち上げられるみなと神戸海上花火大会。

毎年テーマが変わるので、
毎年見に行っても楽しめるトコロが魅力です。

 

ということで、今回有料観覧席や、見どころ、
穴場スポットなどを詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

みなとこうべ海上花火大会の有料観覧席

前売券:3,100円
当日券:3,600円
(1席当たり)
第二突堤、第四突堤の二箇所で、
有料席の中は自由席になっています。

第二突堤の方が広くなっています。

 

無料観覧席

  • 兵庫ふ頭
  • ポーアイしおさい公園
  • ポートアイランド北公園
  • 新港第一突堤
  • 新港第三突堤(18時以降の入場)
  • 新港第四突堤(ポートターミナル)
  • 中突堤・メリケンパーク
  • ハーバーランド周辺

穴場スポット

第二突堤は無料観覧スポットがあり、
かなり近い位置から見ることができます。

 

少し遠くからでも十分見えますが、

水平線あたりの低い位置に上がる花火は見えません。

無料スポットとしては十分に満足できると思います。
無料エリアに入れなかった場合は、
立ち見や花壇に座っている人が多くいます。

 

チケット情報

当日券:3,600円
前売券:3,100円
(1席当たり)

 

◎前売券の購入場所
ローソン、セブン-イレブン、
ファミリーマート、チケットぴあで買えます。

 

◎当日券の購入場所

  • 花火サポーター席入口(14時~販売)
  • 神戸海洋博物館(10時~15時30分)
  • 神戸ポートタワー(9時~16時)

 

おすすめの購入場所は、
いちばん早くから販売されるポートタワーがおすすめですよ^^

 

見どころは?

約15000発の大迫力ですね^^
毎年変わるテーマが魅力で、毎回見る価値ありですよ!

ハートやキャラクター花火が上がることも。

開催日程は?

8月頭の土曜日の開催が一般的です。

今年2019年の開催日は、8月3日(土)ではないかと
予想します。

開催場所

兵庫県にある神戸港のメリケンパークのほか、
中突堤、ハーバーランド、ポートアイランドなどです。

 

【時間】
19:30〜20:30

持って行くと役に立ったベスト5

花火大会と言えば、屋台で買うのも楽しみの一つですが、
長蛇の列に並ぶのもウンザリしますよね^^;

 

そこで、持参すると便利なものを紹介しますね♪

  1. クーラーバスケット
    持ち込んだ飲み物を入れておくのに重宝しますよ。
    また、屋台で買った食べ物をおいて食べたりできます。

  2. レジャーシート
    地べたに座るより、レジャーシートに座る方が気持ちイイです。

  3. 携帯用小型三脚
    ずっとカメラを持って撮影すると、花火をゆっくり見れないですよね。
    そんな時重宝しますよ。

  4. 虫よけスプレー
    蚊がいると、花火に熱中できませんよね^^;
    また、予防にジカ熱や日本脳炎に発症しないように必需品です。

  5. 食べ物&飲み物
    小腹が空いた時にすぐに食べられる物があるとイライラせずに済みます。

 

駐車場

  • ワールド記念ホール駐車場
    電車に乗るという手間はありますが、
    夕方ごろでも空車になっている可能性の高い駐車場です。

  • 三宮駐車場
    新港第三突堤に近いのが魅力。
    帰りは付近の道路が混雑するので、駐車場から出るのに
    時間がかかることを覚悟した方がイイです。

 

そのほか、神戸ハーバーランドや
ポートアイランド北公園駐車場などがあります。

 

臨時駐車場

  • しおさい公園 臨時駐車場
    しおさい公園はとても広いスペースなので、集客数も多い。
    駐車場はかなり早く行かなければ
    止められない可能性が高いです。

そのほか、ポートアイランド西臨時駐車場や
東臨時駐車場などがあります。

交通規制

  • ハーバーランド周辺は17:00〜22:00頃まで
  • 兵庫ふ頭周辺は17:30〜21:30頃まで
  • 阪神高速3号神戸線 京橋IC入り口は20:00〜22:00まで閉鎖

そのほか、会場周辺はエリアにもよりますが、
17:30〜22:00頃まで実施されます。

混雑情報

17:00前から本格的に混み始めます。

帰りは電車も徒歩もかなり混雑します。
終わり頃から帰り始める人も多いです。

終了時間間際には近くの出口付近に移動することをオススメします。

アクセス、行き方

電車で行くのがおすすめです。
・阪神電車三宮駅
・阪急電車三宮駅
・地下鉄三宮駅
・JR三ノ宮駅
・ポートライナー三宮駅
・阪神電車元町駅
・JR元町駅
・JR神戸駅
・ポートライナー中公園駅

屋台情報

屋台の営業時間は、主に15:00頃〜21:30頃までとなっています。

特に屋台が多いのはメリケンパーク周辺エリアとなっているので、
ご飯も楽しみたい方におすすめです!

 

  • 兵庫ふ頭エリア
    屋台は毎年数店程度と少ない出店です。

  • メリケンパークエリア
    一番多い屋台出店数で、
    色々な屋台を楽しみたい方におすすめ!
    屋台周辺は無料観覧エリアなので、移動しやすく、
    花火も屋台も両方楽しめます。

  • 第一突堤周辺エリア
    だいたい10〜20店の屋台出店数で、
    有料エリア内にもいくつか出展されています。

  • ポートターミナルエリア
    5〜10店と少なめですが、駅から近いのでアクセスは抜群です。

  • ポートアイランド北公園エリア
    比較的、混雑しにくい穴場エリアです。
    屋台の周辺は無料観覧エリアとなっています。

  • ポーアイしおさい公園エリア
    公園一帯が無料観覧エリアとなっており、
    花火の観覧も場所が確保しやすい。
    公園全体に屋台が出展しているので、
    たくさんの種類の屋台を楽しめます。

 

お祭りの定番グルメから、神戸牛などを使った神戸限定グルメを
出店している年もあります。

神戸ならではの魅力の一つと言えます。

周辺のホテル情報

近くでゆっくりと見られる部屋のあるホテルですが、

花火大会が近づく頃はすごい人気のホテルなので、
急がないとすぐに予約でいっぱいになってしまいます。

 

料金プランの確認など早めにしておくコトをおすすめします♪

毎年人気の花火大会なので、混雑を避けたい場合は一つの手段です。

デートで行くのにオススメの理由

人気の三宮・元町エリアの花火大会なので、
たくさんの商業施設やカフェ・喫茶店も多くあります。

 

花火大会までの時間も退屈せずに過ごすことができますよ!

メリケンパークなどの人気エリアで花火を見るなら、
ハーバーランドモザイクや大型ショッピングモールの「umie」に
行くことをおすすめします。

 

また、元町の南京町は、美味しい本格中華料理や
リーズナブルに食べ歩きを楽しめます。

人気観覧エリアのメリケンパークまで
徒歩15分ほどで向かえるおすすめスポットです。

 

さらに、屋台は15:00頃から出店しているので、
混雑回避のために早くから会場近くで楽しむこともできます。

 

 

また、女性は浴衣の着付けから髪型まで様々な準備があります。
神戸の中心地ですから、美容院も豊富で、
アレンジの上手な美容師さんもたくさんいます。

着付けまでしてくれる美容室を探せば、一石二鳥です。

 

まとめ

みなと神戸海上の花火は、足の踏み場もないくらい混雑が
予想されるので、

前もって、有料観覧席の購入をオススメします。

 

また、席に着く前にはトイレや飲み物の準備もお忘れなく^^

 

準備万端でステキな思い出を作ってくださいネ!

お祭り・花火大会
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?