化粧水で乳液の付け方教えて!コットンがおすすめ

美容・健康
この記事は約2分で読めます。

最近、乳液を買ったんだけど、
乳液の付け方って

よくよく考えたら
知らないなぁって思ったんです^^;

 

乳液の正しい付け方を知って、
お肌の状態をよくしたい~!!

 

そこで、化粧水で乳液の付け方や
コットンがおすすめ、つけるタイミング
などを
紹介します。

乳液の付け方はコットンと手

コットンと手でつける方法があります。

 

  • コットンでつける時
    10円玉硬貨より多めの量を
    コットンに浸すことで、
    すべりがよくなり肌を傷つけず済む。

 

サラサラしたタイプの乳液は
コットンでつけた方が、
肌にムラなくつけることできる。

 

クリーム状タイプの乳液は、
手でつけることで乳液が温まり、
肌により深く浸透する。

 

 

  • 手でつける時
    10円玉硬貨程度の量を手にとって、
    1~2分置き温めることで
    肌に浸透しやすくなる。

 

特に目もとや口もとは乾燥しやすいので、
乳液を少し多めにつけると良いです。

⇒⇒⇒化粧水をつける時、コットンと手どっちがいいん?いまさら聞けない!

 

乳液をつけるタイミングは?

化粧水や美容液をつけた後です!

※乳液をつける時の注意点
1~2分、時間をあけてから乳液をつけること!

 

すぐに乳液をつけると、
化粧水や美容液が肌の角質まで
浸透しないからです。

 

肌の皮ふは薄いので、
こすったり、すりこんだりしないで
優しくつけましょう。

 

皮脂の分泌量がTゾーンや額には多いので、
乳液をつける量に気をつけましょう


つけすぎると毛穴がつまってしまうんです。

 

乳液ってなに?

  • 皮ふにバランスよく油分と水分を
  • 与えるための化粧品のコト。

  • 乳液をつけることで、肌になめらかさや柔軟性、
    弾力性を与えてくれる働きがある。

  • 肌の表面を暑さや寒さからも保護してくれる。

  • 角質層のうるおいを閉じこめて、
    水分の蒸発を防いでくれる。

  • 化粧水を浸透しやすくして、
    肌を柔らかくしてくれる。

 

乳液ってめちゃくちゃ
優秀なアイテムなんですね~。

 

知らなかったなぁ~^^;

 

まとめ

化粧水で乳液の付け方やつけるタイミングを
知ることで、肌の状態も良くなり
一石二鳥ですね!

 

これから、乾燥しやすくなる冬!

 

乳液をきちんとつけて、
肌の乾燥を防いでお肌美人になりましょう^^

タイトルとURLをコピーしました