キャベツの湯通しのやり方!レンジを使おう

食べ物・飲み物

キャベツの湯通しっていちいち
お湯を沸かさないといけないから、

ちょっと面倒に感じたことはありませんか?

 

 

でも実は、キャベツの湯通しは
レンジを使えば簡単に作れるんですよ!

 

 

ここ最近、キャベツの湯通しを
食べるダイエットが知られつつありますよね。

 

 

レンジでの湯通しが出来れば、
そのキャベツの湯通しダイエットにも役立つはず!

 

 

ということで今回は、
キャベツの湯通しをレンジで作るやり方と、
レンジの加熱時間を紹介していきます。

 

キャベツの湯通しがレンジでできる!そのやり方とコツ

キャベツの湯通しはお湯を使わずに、
電子レンジでパパッと作ってしまいましょう!

 

 

まずはキャベツをお好きな大きさにカットしていき、
耐熱皿に入れていきましょう。

 

 

そして水を大さじ1杯かけてください。

 

 

 

あとはラップをふんわりとかけてから、
レンジでチンしてしまえば
あっという間に湯通しキャベツの完成。

 

 

確かにとっても簡単に
電子レンジで湯通しキャベツが出来るんですね。

 

 

いちいちお湯を沸かす必要がないので、
ガス代の節約にもなりそうでとっても助かります。

 

 

我が家では基本的にお湯は
電気ケトルで沸かしているんですが、

性能があまりよくないせいか、
それでもやっぱりお湯が沸くまで
時間がかかってしまうんです…。

 

 

でも水をかけてレンジで加熱すれば、
湯通ししたのと同じ状態に
出来るのでとっても安心ですね。

 

ただしキャベツを電子レンジから取り出す時は、
くれぐれも火傷に注意してくださいね!

 

 

冷蔵庫に余りがちなキャベツも、
レンジで簡単に湯通ししてしまえば、

中華だしや塩コショウやゴマ油や
塩昆布やシラスなどと和えて、
美味しく食べられるんですよ。

 

 

しかもここ最近、徐々に
注目されつつあるダイエット法の、

湯通しキャベツにも
このレンジで加熱方法が使えるんです。

 

 

ということで、キャベツは
ぜひレンジを使って湯通しして、

食卓に一品添えたり、
もしくは湯通しキャベツダイエットに活用しましょう。

 

キャベツの湯通しをレンジでする際の時間は?目安は1分30秒

 

キャベツを電子レンジを使って湯通しする場合、
加熱時間の目安は
だいたい600Wで1分30秒なんです。

 

 

でも、使っているレンジのワット数が
違う場合もあるし、

キャベツの量やカットした大きさ、
質によっては、ちょうどいい加熱時間が
変わってくる場合もあるんですよ。

 

 

そのため、あくまで1分30秒は目安と考えておき、
キャベツは様子を見ながら
電子レンジで加熱していくと良いですね。

 

 

1分30秒でもまだ硬そうだったら
もう30秒ほど加熱していきましょう。

 

 

でも、キャベツのちょうど良い硬さも
人によって違うので、

やっぱりキャベツの様子を見て
レンジでチンしていってくださいね!

 

 

ちなみに筆者は少し歯ごたえが
残っているキャベツの方が好きです。

 

まとめ

キャベツの湯通しはわざわざ
お湯を沸かさなくても、
耐熱皿にカットしたキャベツを盛り、

水をかけてレンジで1分30秒加熱すれば、
とっても簡単に作れちゃうんですよ!

 

 

こんなに簡単だと時短にもなるし
すごくありがたいですよね。

 

湯通しキャベツダイエットをしている場合も、
キャベツでもう一品何か作ろうとしている時も、

レンジで湯通しキャベツを作っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました