久能山東照宮のアクセスは?御朱印やパワースポットあったらいいな!

お出かけ

久能山東照宮
(くのうざんとうしょうぐうと読みます)は、
静岡県静岡市駿河区に位置しています。

 

全国的にも有名な神社で、
毎年多くの参拝客が観光に訪れます。

 

久能山東照宮は徳川家康を御祭神としているため、
徳川家康関係の施設が多いです。

 

 

中でも併設されている博物館では、
徳川家康が使っていたとされる日常品が
展示されており、歴史に興味がある人は、
大変魅力ある博物館となっています。

 

そこで、久能山東照宮の魅力をたっぷりと
紹介していきます!

久能山東照宮のアクセスは?

 

久能山東照宮は国道150号線沿いにあり、
アクセスは車かバスになります。

 

車の場合は近くの有料駐車場にとめて、
向かうのですが、
久能山東照宮は久能山の山頂にあるため、
ひたすら石段を登ります。

 

 

石段はなんと1159段!!

 

 

私は以前、石段を登って行きましたが、
めっちゃ疲れました(笑)

 

いい運動にはなりますが、
膝を悪くしている方は
有料ですが後述のロープウェイを使いましょう。

 

 

バスの場合は、久能山東照宮をはさんで
国道150号の向かい側の日本平から向かいます。

 

こちらからはロープウェイが出ているため、
楽に向かえます。

 

ロープウェイに乗っている間の景色は、
富士山や海を見られて最高ですよ!

 

久能山東照宮では、御朱印はあるの?

久能山東照宮では、
御朱印もちゃんともらえます!

 

そして令和元年5月現在ですが、
夜間参拝において、

特別な御朱印「竹あかり限定御朱印」が
初穂料500円で貰えます。

 

 

なんと、これ光ります!!

 

 

朱印紙の頒布にはなりますが、
とても記念になりますので、
欲しい方はぜひゲットしましょう。

 

久能山東照宮の御朱印帳は、
久能山近辺で食べられる石垣イチゴが
書かれているんです!

 

かわいいデザインになっていますので、
ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

久能山東照宮のお守りは?

久能山東照宮は、徳川家康に関係することから、
徳川家康にまつわるお守りもあります。

 

徳川家康が関係した地域は、
その後めざましく発展したとされることから

徳川家康は出世大名とも言われ、
それにあやかった出世お守りがあります。

 

出世してバリバリ稼ぎたい!と
いう方はぜひどうぞ!!

 

 

また、徳川家康は当時にしては
非常に長生きだったことから、
健康長寿お守りというのもあります。

 

自分じゃなくても、両親や祖父母に
送っても喜ばれるかもしれませんね。

 

久能山東照宮のパワースポット?

 

久能山東照宮のパワースポットは、
何と言ってもその本殿です。

 

 

色鮮やかな色調で作られ、
また多くの彫刻が施されているこの本殿は、

国宝に認定されており、
境内全体が国の史跡に認定されるなど、

歴史的に見ても、
とても貴重な建築物となっています。

 

 

また、面白いのが境内の裏には
「金のなる木」というものがあります。

 

こちらは徳川家康が、この木を拝めれば
裕福になれると家臣に
言っていたとされる逸話がある木です。

 

ぜひご利益にあやかってみては
いかがでしょうか?

 

久能山東照宮って何?

晩年を静岡県で過ごした徳川家康は
家臣に死後は自分の遺体を
久能山に埋葬するようにと依頼しました。

 

そのため、徳川家康の死後、
遺体は久能山に埋葬され、

徳川家康の鎮魂をするために徳川家二代目将軍の
徳川秀忠が久能山東照宮を建設しました。

 

そのため、徳川家康に関する施設が多く、
前述の博物館の他に、
徳川家康とその愛馬のお墓があります。

 

また、特に面白いのが徳川家康の手形です。

 

久能山東照宮内には徳川家康の手形が
展示されており、自分の手の大きさと
比べることができますよ!

 

久能山東照宮にランチは?

 

久能山東照宮自体に、
食事を取るスペースはほとんどありません

 

久能山東照宮は国道150号線沿いにあり、
この道路沿いにはイチゴが栽培されているため、
イチゴ狩りや直売所が多く並んでいます。

 

また、国道150号線を北上すれば
静岡市街地に出るため、
多くの店や静岡名物を楽しめるお店もあります。

 

 

南下をすれば、焼津市に出ます。

 

焼津市は全国的にも有数の港町になるため、
新鮮な海鮮を楽しむことが
できるのでオススメします。

 

まとめ

久能山東照宮について、
理解することはできたでしょうか?

 

久能山東照宮は古くから伝わる、
伝統ある神社です。

 

興味ある方はぜひ訪れてみて、
その魅力を味わってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました