飼い始めた金魚が落ち着かない!?考えられる原因は

スポンサーリンク
ペット
スポンサーリンク

飼育し始めた金魚がなんだか落ち着かない様子…。

 

 

一体なにが理由なのかめっちゃ気がかりですよね。

 

 

いきなり知らない水槽に入れられて
ビックリしているんでしょうか?

 

 

やっぱり金魚はストレスを感じている?

 

 

今回は、金魚が落ち着かない様子なのはなぜか?
その理由やどう対策してあげるべきかを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

金魚が落ち着かないのはストレスが行動に出てる証拠! どう対策する?

金魚が落ち着かず、
まるで暴れているように動くのは、
ストレスを感じてしまっているからなんです。

 

 

主に金魚がストレスを感じてしまうのは、
知らない水槽に入れられたことよりも、
狭い水槽であったり、
水質や水温が適正でないからでしょう。

 

 

特に飼育し始めで落ち着かない様子を
見せているのなら、
水温や水質に理由があると考えられます。

 

 

 

水槽用のヒーターやファンなどを使って、
金魚が快適な水温と水質にしてあげましょう。

 

 

確かに初めて金魚を飼育する場合って、
分からないことが多く、

カルキも抜いていない水道水に
いきなり入れるとかよくあるかもしれません^^;

 

 

特にペットショップではなく、
お祭りの屋台で金魚を買ってきた場合は、

まるで飼育のノウハウが分からない状態なので、

適していない環境で飼育することがあるかも…。

 

 

金魚を元気に長生きさせるためにも、
適度に広い水槽とろ過器や水槽用ヒーターなどを使って、
快適な環境に整えてあげましょう。

 

 

また、水草を入れておくと水質も安定するし、
金魚が隠れ家として使えるので
よりストレスを解消できますよ。

金魚は狭い水槽ではストレスを感じる?飼育前に知ってほしいポイント

 

金魚の水換え時の温度に要注意!合わないと弱らせる!?

 

金魚の水槽の水換えをする時、温度管理は重要ですよ。

 

 

いきなり金魚にとって適温でない水を
水槽に注いでしまうと、
金魚はびっくりしてストレスを感じ、
弱ってしまうこともあります。

 

 

水換えをする時は、
水道水をいきなり注ぐのではなく、

きちんとまずはカルキを抜き、
ヒーターを入れたりして、
適温にしてから水槽に入れていきましょう。

 

 

ちなみに、金魚に適している水温は15℃~28℃なので、
これを上回ったり下回ったりすることのないようにしましょう。

 

 

金魚って水温や水質管理がかなり重要なんですね。

 

 

気軽に飼育できる魚ってイメージがありましたが、
熱帯魚と同じで、
しっかりと環境を整えてあげないと弱ってしまいます。

 

 

特に小柄な金魚だと、
弱ってから死んでしまうのも早いので、

ぜひ金魚には快適な水槽を用意してあげましょう。

 

 

筆者も子供のころ金魚を飼育していましたが、

お祭りの屋台で買ってきたものだったし、
飼育の仕方もよく分からなかったので、

ほとんどが弱って死んでしまいました…。

 

 

でも、1匹だけしぶとく生き残った金魚がいて、
小アジくらの大きさに成長して長生きしましたよ。

 

 

もし屋台から買ってきた金魚であっても、
しっかりと環境を整えてあげれば長生きするので、
ぜひ正しい飼育をしていきましょう!

 

まとめ

金魚の様子が落ち着きがないのは、
強いストレスを感じていることが理由でしょう。

 

 

特に水温や水質が適正でないと、
金魚はストレスを感じてしまうのでご注意を。

 

 

特に水換えをする時も、水温はしっかりと適温にしてから、
水槽に注ぐようにしてくださいね。

ペット
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?