風邪感染経路を避けるには?風邪にうつらない方法を知るのがコツ

美容・健康
この記事は約2分で読めます。

冬になると、風邪にかかっちゃうので
この時期はちょっとツライ!

 

実は、風邪にうつらない方法があるって、
あなたはご存じですか?

 

コレを知っていると、
今年の風邪は防げるかもしれませんよ。

 

そこで、風邪にうつらない方法などについて、
詳しく紹介します。

風邪にうつらない方法とは?

  • やっぱり人が大勢いて、
    人の出入りが激しいトコロ

    デパートや満員電車など。

  • 密室された部屋
    カラオケや会議室など。

  • 家族間で風邪をひいている人がいる。

 

風邪には「接触感染」と「空気感染」と
「飛沫感染」の3種類があるんです。

 

 

  • 接触感染

 

家族間でタオルを共用したりして、
口や鼻から侵入する感染。


満員電車などでの接触つり革などは、
いろいろな人が持ったりしているので、

風邪の感染リスクが高い場所といえます。

満員電車に乗る時だけ、
直接つり革に手が触れないように
手袋をするなど心がける
とイイですね。

 

  • 空気感染

 

菌やウイルスが空気中にただよい感染する。

 

冬場は暖房をしたりしているので、
めちゃくちゃ風邪のウイルスに
とっても快適な場所なんです。

風邪のウイルスは、24℃~37℃のトコロで
2時間くらい生きています。

 

わぉ~すごい数!!

 

目に見えない相手だから、ウイルスが
どんなトコロに集まるのか知りましょう。


インフルエンザや風邪のウイルスを
入れないように予防することも大事!

 

  • 飛沫感染

 

風邪をひいている人が咳やくしゅみで
ウイルスを吸い込む感染。


1回咳をすると約5万個、くしゃみでは
約10万個のウイルスが放散します。

 

エレベーターや人ごみが多い場所には
なるべく近づかないようにしましょう。

 

その際にはマスクをつけたり、
うがい手洗いを念入りにするといいでしょう。

⇒⇒⇒冬の部屋の最適な湿度はどれくらいなん?コレだけは知っておきたい!

 

まとめ

風邪にかかりやすい場所を知って気をつけると、
風邪のウイルスをカラダの中に
いれずに済みそうですよね^^

 

でも、家にずっと閉じこもっているわけも
いかないので、
マスクをつけたり、

手を触れる場所には手袋をつけるなど
予防できそうです。

タイトルとURLをコピーしました