皮ごと食べられるぶどうに含まれる栄養素!メリットとデメリットは?

食べ物・飲み物
この記事は約3分で読めます。

ぶどうを食べるなら、皮ごと食べられる
品種がおすすめ!

 

 

それは、皮ごと食べると栄養を
より多く摂取できるからです。

 

でも、ぶどうをたくさん食べれば
いいことではないんですね。

 

今回はそんな、ぶどうの皮に含まれる栄養と、
ぶどうを食べる際に注意しなければいけないこと
紹介します。

ぶどうの栄養素は皮に豊富!どんな効果があるの?

ぶどうって実は皮に栄養が豊富なので、
皮ごと食べられる品種を
選んだ方が断然おすすめ!

 

ぶどうの皮にはどんな栄養が含まれているか
まとめました。

 

 

  • ポリフェノール

ポリフェノールと一口に言っても、

ぶどうの皮には、
眼精疲労の回復や抗酸化作用で老化を
抑制するアントシアニン、
脂肪燃焼効果のあるカテキン、
抗菌作用を持つタンニン、また美肌効果を
持つレスベラトロールなどが含まれています。

 

ポリフェノールだけ見ても、
4種類も豊富に含まれているんですね!

美容と健康にかなり効果的なので、ぜひ
積極的に摂取をしていくのがいいでしょう。

 

 

  • 食物繊維

ポリフェノールの他に、
ぶどうの皮に含まれているのが食物繊維。

お通じを良くしたり腸内環境の改善に
役立つことでお馴染みですね。

便秘が気になる女性は特に、ぶどうは
皮ごと食べられるものを選びましょう。

以上がぶどうの皮に含まれている栄養素です。

 

ちなみに、皮ごと食べられる品種のぶどうは、
シャインマスカットや瀬戸ジャイアンツ、
ナガノパープル、甲斐路(かいじ)、
レッドグローブなど。

 

最近はスーパーでも皮ごと食べられるぶどうが
買えるので、ぜひ皮ごと食べて
美容と健康を手に入れましょう!

ぶどうの栄養素は皮にあり!効能にそそられないおすすめのぶどうは?

 

ぶどうは妊婦が食べてはいけない果物!?その詳細を解説

 

ぶどうは妊婦さんが食べるのはよくない話を
耳にしたことはありませんか?

 

でも実際は妊婦さんでもぶどうを食べてOKです。

 

むしろぶどうは栄養価が豊富なので、
妊婦さんも食べた方がいい果物。

 

ただし食べる際の注意点があります。

それは必ず水洗いすること食べ過ぎないこと。

 

ぶどうの皮にはリステリア菌とか
トキソプラズマ菌など、
お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす病原菌が
付着している可能性があります。

そのため、ぶどうを食べる際は
しっかり水洗いしておきましょう。

でも、基本的にはぶどうって
洗ってから食べますよね。

だからそこまで心配することはないです!

 

ぶどうは絶対に食べ過ぎないようにしましょう。

 

ぶどうの皮は食物繊維が多く、
お通じを良くしてくれますので、摂り過ぎると
お腹を壊してしまう場合があるんですね。

 

いくらフルーツであっても
やっぱり食べ過ぎは体重増加に繋がります。

 

どんな栄養豊富な食べ物でも、
やっぱり食べ過ぎは厳禁なんですね。

 

妊婦さんに限ったことではありませんが、
必ずぶどうは1日に最高で1房くらいまでにして、
それ以上は食べないように気をつけましょう!

 

まとめ

ぶどうは皮ごと食べることで、
数種類のポリフェノールや、
食物繊維を摂取できて、老化予防や美肌作り、
風邪予防など、健康や美容をキープできます。

 

もちろん妊婦さんも食べてOKですが、必ず
食べる前によく水洗いすることと、くれぐれも

食べ過ぎないようにだけ注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました