刈谷万燈祭の周辺に駐車場はある?愛知県の夏祭り!

お祭り・花火大会

愛知県刈谷市で毎年夏に開催されている祭り
「刈谷万燈祭」を知っていますか?

 

「かりやまんどまつり」と読みます。

 

毎年7月下旬に開催されるのですが、
2019年の日程が既に発表されていました。

 

2019年は7月27日(土)~28日(日)の二日間
開催されることが決定しています。

 

祭りの内容やスケジュールなどについて
詳しく後ほど書きます。

刈谷万燈祭の駐車場

刈谷万燈祭は、愛知県刈谷市の市内中心部や
秋葉社の周辺で行われます。

 

その際、駐車場や交通規制について
気になりますよね。

 

駐車場ですが、公式の情報では、
市営御幸駐車場寺横駐車場
刈谷市役所亀城公園駐車場
利用できると案内されています。

 

市営御幸駐車場と寺横駐車場は無料ではありません

 

台数は、どの駐車場も100台前後ですが、
亀城公園駐車場は700台分の駐車場があります。

 

会場の秋葉社からは少し離れていますが、
車を停めて歩くことは充分できます。

 

また、祭り期間中は市内の様々な場所で
交通規制があります。
事前に確認してから現地に行くようにしましょう。

 

刈谷万燈祭の内容やスケジュール

刈谷万燈祭について内容を詳しく紹介していきます。

 

この祭りは、愛知県刈谷市にある秋葉社の祭礼で、
火難防除や町内安全を祈願する祭りとして
親しまれています。

 

「天下の奇祭」と呼ばれ、
愛知県の無形民俗文化財に指定されている
有名な祭りです。

 

二日間で、10万人以上が訪れる規模の大きな祭りです。

 

二日間の日程で、1日目を「新楽(しんがく)」、

2日目を「本楽(ほんがく)」と呼び、
刈谷市内の7つの町や市内の企業などが参加し、

大きな万燈(まんど)が市内を練り歩きます。

 

万燈というのは、竹と和紙で作られた張子人形に
色付けしたもので、
歌舞伎役者や武者をイメージして作られています。

 

1日目も2日目も夕方から舞いが披露されますが、
1日目は市内の広小路通りで、

2日目は秋葉社で神前奉納舞が終わった後に、
広小路通りで一斉に舞が行われます。

 

2018年は、1日目は16:30~市内行進が、
2日目は17:40~秋葉社での神前舞が
予定されていました。

 

時間は年によって異なる場合もありますが、
例年、それぐらいの時間から祭りが
始まると思ってよいです。

 

刈谷万燈祭のおさえておきたい!見どころ

 

一番の見どころは、万燈を若者が一人で
担ぐところ!!

 

大きいものでは高さ約5メートル、
重さ約60キロにもなる万燈を担いで

笛や太鼓に合わせて舞う姿は必見です。

 

特に、辺りが暗くなると、万燈に火が灯され、
その勇壮な姿は圧巻です。

 

万燈を担いでいるのは一人ですが、
太鼓や笛を奏でる人たちなど、

 

50人ほどで一つのチームを作っているため、
とても盛り上がります。

 

夜になってからの万燈の舞は一番の見どころです。

 

万燈の形は毎年変わります。

 

各町や企業が祭り本番までにテーマを決め、
数か月掛けて大きな万燈を製作します。

その形やデザインを見るのも楽しいです。
毎年行っても飽きません。

 

その他、祭りに欠かせない屋台も出店しているので、
雰囲気を楽しむのも良いです。

 

公共交通機関でのアクセス

駐車場や交通規制について説明しましたが、
公共交通機関でもアクセスできます。

 

電車の場合は、名鉄三河線「刈谷市駅」を
下車すると、徒歩5分で秋葉社に着きます。

 

JR東海道本線・名鉄三河線「刈谷駅」を下車しても
徒歩10分ほどで到着します。

 

例年は、刈谷市内各所からシャトルバスが
運行されているようです。

2019年はまだその情報は発表されていませんが、
開催日が近づいてきたらチェックしてみましょう。

 

この刈谷万燈祭、多少の雨ですと
決行されるようですが、
2018年は、台風の接近のため、
1日目の新楽は中止となってしまいました。

 

あまりの荒天が予想される場合は
中止となることもありますので、
こちらも確認してから行くと良いでしょう。

 

祭りの公式発表は、
刈谷万燈保存会刈谷市観光協会
確認してください。

 

愛知県刈谷市の夏の風物詩「刈谷万燈祭」
ぜひ楽しんでください^^

タイトルとURLをコピーしました