換気扇の掃除はセスキのつけ置きで解消?!忙しくてもできる

家事・子育て
この記事は約3分で読めます。

年末の大掃除で、
いちばん苦労するトコロといえば…

 

換気扇の掃除ではないでしょうか?

 

私も実は…換気扇の掃除は苦手^^;

 

油がギトギトついていて、
その上ホコリもたくさん!

 

後まわしにしちゃう換気扇の掃除ですが、
かんたんにキレイになる方法があるんです。
ご紹介します。

換気扇の掃除はセスキ炭酸につけおきが一番!

段ボールと大きめのビニール袋を使うと、
めっちゃカンタンに換気扇の掃除が
ラクにできちゃうんです。

 

  1. 段ボールの下のかどに穴を開けます。

  2. その上にビニール袋をかぶせて
    カンタンなバケツを作ります。

  3. お湯3リットルを入れて、
    セスキ炭酸ソーダ大さじ2
    を入れる

  4. 換気扇のフィルターをつける。

  5. 数時間~半日間ほど、つけ置きする。

  6. 油汚れが浮かびあがってきたら、
    歯ブラシで汚れを落とす。

  7. ビニール袋のかどを切って、
    汚れた水を流します。

ポイントは必ずお湯を入れること

 

温かいと油汚れがスルッと落ちるんです。

 

上記の方法で換気扇の掃除が
カンタンにできちゃうけど、

やっぱり普段からこまめに拭き掃除をすると、
年末の掃除が大幅にラクになっちゃいますよ!

⇒⇒⇒お風呂のカビは漂白剤ブリーチとかたくり粉を使うべし!!

 

スプレーにセスキ炭酸ソーダを作ると便利

  • 水 500㏄
  • セスキ炭酸ソーダ 小さじ1

 

上記をボトルに入れて、
換気扇の外側を拭くと、キレイになります。

 

また、あらゆるところの掃除に使えちゃいますよ。

 

 

◎セスキ炭酸ソーダを使う時、
カラダに害はないんですが、

セスキが肌が弱い人の肌につくと、
手が荒れてしまうので必ずゴム手袋を着ける
こと

 

さっそく作って、
今からこまめに掃除しちゃいましょう。

 

まとめ

換気扇の掃除って、ホント後まわしになっちゃうけど、
先にやっておくとあとがめっちゃラク!

 

忙しいと苦手意識も強いので
後でやればいいやってなり、
結局やらずじまいなんてことも^^;

 

新しい年の始まりを気持ちよく始めたいし、
来年は年号が変わる年でもあるので、
ぜったいやりましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました