牡蠣であたると出る症状は頭痛から食中毒まで!対処法は?

食べ物・飲み物

牡蠣にあたると一体どんな症状が
出てくるんでしょうか?

 

 

頭痛がしてきたり嘔吐したりするのか
知っておきたいですよね。

 

 

そして何より牡蠣にあたってしまった時、
どんな対処法があるのか気になります。

 

 

そこで今回は牡蠣にあたると出る症状や、
実際にあたってしまった時の対処法
食事療法などを紹介します。

牡蠣であたると出る症状の治療法とは?お医者さんに聞いた!

 

牡蠣にあたると出る主な症状は、
腹痛下痢、そして嘔吐などで、

基本的に牡蠣にあたった場合、
頭痛が起きることはほとんどありません。

 

 

ですが場合によっては、
発熱や頭痛など風邪に似た症状が出ることもありますよ。

 

 

確かに牡蠣にあたると
食中毒になってしまうので、

基本的に症状はお腹に現れるんですよね。

 

 

ちなみに、ご存知かもしれませんが、
牡蠣を食べてあたるのは加熱が不十分などにより、
ノロウイルスに感染してしまうからなんです。

 

 

牡蠣にあたってノロウイルスに感染してしまうと、
本当に大変だしとってもツラいですよ。

 

 

筆者はこれまで食中毒になったことはありませんが、
実際にあたってしまった人の話によると、

何度も下痢や嘔吐を繰り返し、
ずっと腹痛がする状態になってしまうんですよね…。

 

 

しかも厄介なことに、ノロウイルスは感染症なので、
身近な人にうつってしまうこともあります。

 

 

そんなとてつもなく大変なノロウイルスですが、
もし牡蠣にあたって感染してしまったら、

まず病院へ行き、
本当にノロウイルスかどうかの診断を受けてください。

 

 

後は家で安静にしていてとにかく水分を摂ること!

 

 

下痢や嘔吐で体内の水分がどんどん出てしまい、
脱水症状になってしまうこともあるので、

スポーツドリンクなどでとにかく水分補給をして、
症状が治まるのを待つようにしましょう。

 

 

だいたい2~3日で症状が良くなっていきますよ。

 

 

ただ完全に下痢が治まるまでは仕事や学校も休み、
外出を控えるべきです。

 

 

やっぱりノロウイルスに感染すると本当に大変なんですね…。

 

 

牡蠣を食べる時はくれぐれも当たらないようにして、
生食用以外はしっかりと
加熱をするようにしてください。

⇒⇒⇒牡蠣を食べてあたると出る症状は軽い?主な症状を検索!

 

牡蠣であたると出る症状に対する食事療法は?何を食べれば?

結論からいうと、
牡蠣であたってノロウイルスに感染した場合は、

食事療法というものはありません。

 

 

ノロウイルスの症状が出ている時は、
とても何かを食べられる状態ではないので、

無理して何かを食べようとはせずに、
水分だけを摂って安静にしていましょう。

 

 

症状がある程度落ち着いて、
何か食べられるようになったら、

おかゆやヨーグルトなど、
お腹に優しいものを少しずつ食べるようにしてくださいね。

 

 

症状が出ている時は
絶対に無理に何か食べようとしないこと!

 

 

無理に食事をするとただでさえ弱っている
胃腸に負担をかけてしまうのでご注意を。

 

 

確かに、下痢や嘔吐がひどい時って、
何かを食べることすらも出来なくなりますよね。

 

 

牡蠣にあたった時は食事療法はないと覚えておき、
必ず水分補給を徹底するようにしましょう!

 

まとめ

牡蠣にあたると症状は
下痢や嘔吐腹痛などで、頭痛や発熱、

悪寒などが出る場合もあります。

 

 

つまりノロウイルスに感染してしまうので、
治療としてはまず病院へ行き、
あとはしっかりと家で安静にして、

水分を補給しているようにしましょう。

 

 

また症状が出ている時は無理に食事をしようとせず、
何かを食べるのは
症状が良くなってからにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました