牡蠣を食べてあたると出る症状は軽い?主な症状を検索!

食べ物・飲み物

牡蠣を食べてあたると現れる症状って
軽いんでしょうか?

 

 

もしくはかなり下痢や嘔吐が
大変な重い症状になってしまう?

 

 

やっぱり牡蠣が好きでよく食べるなら、
あたった時の症状について知りたいですよね。

 

 

そこで今回は牡蠣にあたると症状は軽いのか
牡蠣にあたった場合の具体的な症状
紹介します。

そもそも牡蠣を食べるとあたるのはなぜ?詳しく解説

牡蠣を食べるとあたるのは

 

ズバリ…

 

加熱が不十分だからですね。

 

 

加熱が不十分だった牡蠣の中には
ノロウイルスが潜んでおり、

それを食べちゃうことで、
ノロウイルスによる食中毒に感染してしまうんです。

 

 

つまり牡蠣にあたるということは、
ノロウイルスに感染しちゃうことなんですね。

 

 

牡蠣などの二枚貝って
体内にノロウイルスを蓄積しやすいので、

よく加熱をしてから食べないと、
感染してしまうことがあるんですよ!

 

 

 

牡蠣にあたらないようにするには、
生食用でない限りしっかりと
よく加熱をしてから食べる
こと。

 

 

生で牡蠣を食べたい場合は、
鮮度の良い生食用とされているものだけにしましょう。

 

 

冬場は鍋料理などで牡蠣を食べることが多いですが、
その際もしっかりと加熱をしてくださいね。

 

 

筆者も牡蠣が大好きなんですが、
やっぱりあたるのが怖いので、

牡蠣鍋をする時は
なるべく長めに加熱するようにしています。

 

 

ということで、牡蠣にあたらないようにするには、
しっかりと加熱することがやっぱり大切なんですね。

 

 

加熱を十分にすれば
牡蠣を食べてもあたることはありませんよ。

⇒⇒⇒牡蠣であたると出る症状は頭痛から食中毒まで!対処法は?

 

牡蠣であたると出る症状は頭痛から嘔吐まで!その種類と特徴

 

牡蠣にあたってしまうと激しい腹痛嘔吐
下痢などの症状が現れます。

 

 

また、頭痛体の痛み発熱など、
まるで風邪みたいな症状も同時に
現れることがあるので、

牡蠣にあたると出る症状としては
全然軽くないですね。

 

 

むしろ牡蠣にあたってノロウイルスに感染すると、
下痢や嘔吐が続くのでとても辛いです。

 

 

何より下痢と嘔吐で体内の水分が
どんどん排出してしまうので、

脱水症状になってしまうこともあるんですよ!

 

 

そのため、牡蠣にあたってノロウイルスに
感染してしまったら、
とにかく安静にして
スポーツドリンクやジュースなどで、

水分をしっかり補給をしていくことが重要ですよ。

 

 

ちなみに感染している時は、
無理に食事をしないこと。

 

 

胃腸が弱っている時なので、
無理に食事をしてしまうと、

下痢や嘔吐が悪化してしまうこともあります。

 

 

そのため症状が落ち着くまでは
何も食べずに水分だけ摂っておきましょう。

 

 

ノロウイルスにかかったとしても、

基本的には2~3日くらいで
症状が落ち着くので安心してくださいね。

 

まとめ

牡蠣にあたると症状は軽くなく、

激しい腹痛や下痢、
嘔吐、頭痛、発熱、体の痛みなどが

現れるようになります。

 

 

牡蠣にあたるということは
ノロウイルスに感染してしまうので、

つまり食中毒になってしまうことなんですよね。

 

 

くれぐれも牡蠣を食べる時は
しっかりと加熱してからにしましょう。

 

 

加熱が不十分だと、
牡蠣の体内に潜んだノロウイルスに感染するので、

生食用以外は加熱した牡蠣を
食べるようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました