牡蠣にあたる時期がある!?その真相に迫る

食べ物・飲み物

牡蠣を食べるとあたる時期があるというのは
果たして本当なんでしょうか?

 

 

確かに牡蠣って時期によっては
食べるとあたりやすい、
という話を耳にしたことがありますよね。

 

 

でも実際のところ、
本当に牡蠣にはあたる時期があるんでしょうか?

 

 

今回、牡蠣は時期によってあたるというのは本当か?
その真相を解明していきます。

牡蠣を食べてはいけない月があるの?「R」のつく月がNGとは

牡蠣は『R』のつく月に
食べると良いという説と、
『R』のつかない月に食べると良いという説の
両方があります。

 

 

でも実際には、
ヨーロッパでは『R』のつかない月には、
牡蠣を食べない方がいいと言われているんですよ。

 

 

『R』のつかない月とは
5月(May)6月(June)
7月(July)8月(Augausut)の4ヶ月ですね。

 

 

つまりちょうど夏の時期には
牡蠣を食べるべきではないと、いわれているんです。

 

 

なぜこの5月~8月に牡蠣を食べない方がいいかというと、
この時期に牡蠣は産卵期を迎えるため、
産卵すると身が痩せて、
あまり美味しくないからとの理由から。

 

 

また、夏場は海水の温度が上がるので
食中毒になりやすいと言われているからなんです。

 

 

確かに、牡蠣はやっぱり鮮度が命なので、
夏場は傷みやすく、
食べるとあたってしまいそうですよね。

 

 

つまり実際に牡蠣があたりやすいとされているのは、
『R』がつく月ではなく『R』がつかない月だったんです。

 

 

確かに牡蠣の旬は冬なので、
冬に食べれば安心な気がしますが、
実際のところどうなんでしょうか?

 

「牡蠣の旬はRのつく月」という説もあるけど?実は種類によるんです

 

牡蠣は『R』がつく月、
つまり4月、9月、10月、11月、12月
旬という説もあります。

 

 

でも実際には、
現在では通年、つまり1年中牡蠣を楽しめるんですよ。

 

 

先ほど、『R』のつかない月である夏場は、

牡蠣が美味しくないし傷みやすいと紹介しましたが、
牡蠣の中でも『岩牡蠣』という種類は、
なんと夏に旬を迎えるんですよ。

 

 

しかも、現代では冷蔵技術も発達しているため、
鮮度を保って流通できます。

 

 

そのため岩牡蠣は
夏でも食べることが出来るんですね。

 

 

一方冬頃に旬を迎えるのが
『真牡蠣』という種類の牡蠣。

 

 

この真牡蠣に至っては、
やっぱり夏場よりも寒い時期、
つまり『R』がつく月に食べた方が良いんですね。

 

 

つまり岩牡蠣は『R』がつかない月
真牡蠣は『R』がつく月に旬を迎えるわけです。

 

 

牡蠣って全部旬は冬かと思っていましたが、
種類によって違ってくるんですね!

 

 

ぜひこれからは
種類ごとの旬に牡蠣を食べると良いでしょう。

 

 

ただし、いくら旬であったとしても、
牡蠣は必ず加熱をしっかりするか、
生で食べる場合は、
生食用のものを選ぶようにしましょう。

 

 

牡蠣にあたるかあたらないかは
旬や時期が関係なく、

加熱が不十分だったり生食用かどうかによるものです。

 

 

いくら旬でも加熱用の牡蠣を生食してしまうとあたるので、
牡蠣を食べる時はくれぐれも気を付けましょう。

⇒⇒⇒牡蠣を食べるとあたるのはなぜ?覚えておきたい警告2つ!

 

まとめ

牡蠣は種類によって旬が変わってきます。

 

 

岩牡蠣なら『R』のつかない月に食べると良くて、
真牡蠣なら『R』のつく月に食べるのが正解。

 

 

ただし、旬の時期関係なく、
牡蠣は加熱が不十分だったり、

生食用でないものを生で食べたりするとあたるので、
くれぐれも食べ方には注意をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました