女性の厄年は30代に2回ある!?そんなあなたに明るい話題

生活

女性の場合、なんと30代には
33歳37歳計2回厄年あるんですよ!

 

 

2回も厄年があると、すごく不安に
なってしまいますよね…。

 

 

でもそんなに心配しなくても大丈夫!

 

 

厄年って必ずしも悪いことが起きる、
というわけではないんですよ。

 

 

そこで今回は30代女性には2回訪れる厄年は、
どんな心構えでいるといいのかを紹介します!

厄年が2回ある30代女性には悪いことが起きるは嘘!その2つの根拠

厄年って良くないことが起きる年、
というイメージですよね。

 

 

そのために、厄年を迎えたら厄払いなどを
した方がいい、とよくいわれているんです。

 

 

でも実際30代に2回厄年があるからといって、
悪いことが起きるというのはウソなんですよ!

 

 

 

そもそも厄年というのは
人生でちょうど節目を迎えるであろう年齢
なんです。

 

 

30代の厄年なら、結婚や出産、子育て、
転職などですね。

 

 

これらの節目を迎えた時に無理をしていると、
病気や大きなケガをしたり、

仕事でミスをしてしまう可能性があるので、
厄年の時には慎重に行動しましょう、
という意味があるんです。

 

 

つまり厄年だからといって何か悪いことが
起きやすいのではなく、人生の色々な節目を
迎えて心身ともに疲れやすいから、

くれぐれも無理せず気をつけましょうね、
ということだったんです。

 

 

そのため、厄年を迎えたら、
今まで以上に健康に気を付け、無理をせずに
過ごしていれば悪いことなんて起きないでしょう。

 

 

また、厄年は『厄』つまり良くないことが
起こる年ではなく、何か重要な『役』を担う年、
という説もあるんですよ。

 

 

確かに女性なら、33歳や37歳頃だと、
結婚して妻の役か、あるいは

子供を産み母親としての役を担うことになったり、
仕事でも重要な立場になることがありますよね。

 

 

そのため、厄年は良くないことが
起こりやすい年ではなく、

何かの役割を担う年なので、
悪いことが起きるんじゃないか、
と心配する必要もなくなるわけです。

 

 

厄年ってある意味に、
とても理にかなっているんですね。

 

 

 

節目を迎えるから何事にも気を付けましょう、
というのが本来の厄年の意味なので、

ぜひ不安にならずに過ごしていってくださいね!

 

女性の厄年2回は気にしない!むしろ良い方向に変えるチャンス

 

先ほども説明したように、
厄年は厄が訪れる年ではなく、
何らかの役割が訪れる年、役割を担う年で
あるとされています。

 

 

このことから、厄年は人生の転機を
迎える時でもあるから、

新しいことや大きなことを始めるのに
とても良いチャンスの時、
ともいわれているんですよ。

 

 

ただし、そういう時ってついつい張り切って、
無理をしたり頑張り過ぎたり
してしまいますよね。

 

 

すると失敗したり病気やケガをしてしまうことが
多いので、もし厄年に新しいことを始めるなら、

くれぐれも慎重に、
そして自分を追い詰め過ぎないこと。

 

 

できれば、自宅や職場の自分のデスク周りなど、
身の周りをしっかり整理整頓しておいて、

健康管理も十分にしていきましょう。

 

 

以上のことを守っていけば、厄年も怖くないし、
厄年をいい方向に変えるチャンスになるんですよ!

 

 

 

ということでぜひ30代になっても、
厄年を恐れずに過ごしていきましょう!

 

まとめ

30代になると女性には2回厄年が訪れるけれど、
不安になる必要なんてありませんよ!

 

 

厄年はちょうど節目を迎えたり
生活環境が変わる時期なので、

無理をせず健康に気を付けて慎重に
行動することを心がければ、
全く問題なく過ごせるでしょう。

 

 

また、厄年は厄が訪れる年ではなく、
何か役割を担う年という説もあります。

 

 

そのため、何か新しいことを
始めたりするのには、とってもいい
チャンスの年でもあるんですよ!

タイトルとURLをコピーしました