神社に奉納する時、ご祝儀袋や奉納金の相場について解説!

お祭り・花火大会

お祭りの時、神社に納める奉納金の相場って
いくらぐらいなんでしょうか?

 

 

イマイチどれくらいのお金を包めばいいか
よく分かりませんよね。

 

しかもご祝儀袋の表書きにはなんて書くべき?

 

 

今回は意外と知られていない!
お祭りで神社に納める奉納金の相場や、
表書きの書き方を解説していきます。

神社のお祭りのご祝儀を渡す場合の書き方は?ケース毎に紹介

神社のお祭りでご祝儀を奉納する場合、

基本的には表書きは
『奉納』かもしくは『御寄進』と書けばOKです。

 

 

ただし、
お祭りで出されるお神輿に奉納金をお納めするのなら、
表書きは『花代』か『御祝儀』と書いておきましょう。

 

 

神社の神職さんにお渡しするか、
お神輿にお供えするかで、
ご祝儀袋の表書きが変わってくるんですね。

 

 

ちなみに、

『初穂料』や『玉串料』を表書きに書くのは、
神社でご祈祷を受ける場合なので、
お祭りの時の奉納金とは間違えないようにしましょう。

 

 

また、表書きに『榊料』や『神饌料』と書くのは、
神道式のお葬式を執り行ったときに、
神職さんにお納めする場合なので、

こちらも間違えないようにしたいですね。

 

 

要するにお祭りの奉納金だから
表書きには『奉納』と書く!と
覚えておけば、まず問題ありません。

 

 

また表書き以外の金額や名前などの書き方は、
結婚式などで渡すご祝儀袋と
特に変わりはありません。

 

 

表書きの下に贈り主の氏名を書き
中袋の表に金額
裏に住所と名前を書いておけば大丈夫ですよ。

 

 

中袋のないご祝儀袋の場合は
ご祝儀袋の裏に金額を書いておきましょう。

⇒⇒⇒町内会のお祭りのお花代の金額や封筒の書き方は?初めてなら必見!

 

お祭りのお祝いの書き方の次は!奉納金の平均額はいくら?

 

お祭りで神社に納める奉納金の相場は、
だいたい1,000円~1万円なんです。

 

 

かなり相場の幅が広いですよね…^^;

 

 

基本的に神社側からもお気持ち程度で結構!と
言われることが多いですが、

そのお気持ち程度がなかなか難しいんですよね。

 

 

ずっと昔からお祭りなどで
何かお世話になっている神社でしたら、

5,000円~1万円は包んだ方が無難ですし、
引越して来たばかりだったり、

今まであまり接点がなく、
今回初めて奉納金を納めるのなら、
3,000円程度でも大丈夫でしょう。

 

 

あとは地元で何か商売をしている場合は、
やっぱり1万円くらいは納めると良いですね。

 

 

このように、自分の家の立場などにも
応じて金額を決めると良いですよ。

 

 

それでももし金額に迷ってしまったら、

近所の人や町内会の会員に
相談してみるのがおすすめです。

 

 

地域によっては金額が決まっている場合もあるので、
それに習って金額を奉納するのが安心ですね。

 

まとめ

神社の奉納金は、
ご祝儀袋に『奉納』か『御寄進』と書いておきましょう。

 

 

ただし神輿にお供えする場合は、
『花代』か『御祝儀』と表書きを書いておきます。

 

 

そして奉納金の相場はだいたい1,000円~1万円ほどですが、

神社に長くお世話になっているのなら、
5,000円~1万円くらいを納めるのが無難。

 

 

そうでない場合は3,000円くらいで大丈夫でしょう。

 

 

でも奉納金をいくら包むべきか分からなくなった時は、
近所の人などに相談をしてみるといいですね^^

タイトルとURLをコピーしました