厳島神社の鳥居はなぜ腐食しないん?謎が解けると行きたくなる!

お出かけ

世界遺産に登録されている
日本三景の一つである厳島神社。

 

初詣に行った人もいるかもしれませんね。

 

めっちゃ大きな鳥居が有名ですが、
海水の中にずっと立っていて

腐らないのかなぁ~って
疑問に思ったことありませんか?

 

そこで、厳島神社の鳥居はなぜ腐食しないのか?
ご紹介します。

 

厳島神社の鳥居ってなぜ腐食しない?

鳥居が腐食しないのは、
100年に1回のペースで建て替えられている
からです。

 

現在の鳥居は「8代目」。

 

平安時代の初めから、140年経過した明治8年に
建て替えられています。

 

 

わぉ~^^

 

 

すごいなぁ~!

 

鳥居が腐りにくいのは使っている木材に秘密があるんです。

 

それは、「クスノキ」です。

 

クスノキと言えば…

  • ショウノウを含んでいるので、虫を寄せつけない。
  • 腐りにくい。
  • 耐久性や保存性に大変優れている。
  • 家具などを作る時にも重宝される。
  • 磨くと光沢が出る。

樹齢が長いので、神社仏閣に植えられているのも
共感できますね。

 

厳島神社の鳥居はなぜ海の中

海の中に立っているのは、
鳥居が倒れない理由があるからです。

 

それは、自分の重みと海との関係で立っているそう。

 

すごい~!!

 

秘密は屋根にあります。

屋根の下に約7トンの石を詰めることで、
鳥居の重さを保ちバランスよく立っているんです。

 

まさに自然と共存^^

 

めっちゃ不思議ですね!

 

厳島神社の鳥居に触ることはできる?

引き潮の時には、海水が引いて
歩いてすぐ目の前まで
行くことができるので、触れます。

厳島神社はパワースポットで人気の場所

千年以上も海の上に立っている大鳥居を見るだけでも、
パワーがもらえそう^^

 

住 所:広島県廿日市市宮島町1-1

観覧期間観覧時間
   1月  1日  0時00分~18時30分
   1月  2日~  1月 3日  6時30分~18時30分
   1月  4日~  2月末日  6時30分~17時30分 
   3月  1日~10月14日  6時30分~18時00分
 10月15日~11月30日  6時30分~17時30分
 12月  1日~12月31日  6時30分~17時00分

 

まとめ

厳島神社の鳥居が腐食しない理由などについて、
ご紹介しました。

 

謎が解けると
行ってみたくなっちゃいますね^^

タイトルとURLをコピーしました