一瞬でできる自由研究は今話題の過冷却でやってみよう!

夏休み
この記事は約3分で読めます。

夏休みはいろいろな科目の宿題が出ますよね。

 

中でも自由研究を
どうしようか悩んでしまう人も
多いのではないでしょうか?

 

テーマが決まっているわけでもなく、
自由に好きなことを行えばいい!と
いっても、どんなことをやるのか
めちゃくちゃ悩みますよね。

 

そして、夏休みにはいろいろと予定が入っていて
あまり時間をかけられない…
なんて人も少なくありません。

 

そんな時におすすめな自由研究は、
過冷却です!

 

過冷却は、瓶の中の水が一瞬で氷にかわる!と
いうおもしろい実験なんですよ。

 

一体どうやってやるんでしょうか?

過冷却の作り方!順番にわかりやすく解説ですぐできる

過冷却の実験・・・と聞くと難しそうに
感じるかもしれませんね^^;

 

でも、使う材料も少なく
簡単に作ることができる
んです!

 

 

準備するもの

  • 500mlの空のペットボトル
  • 精製水
  • タオル

 

  1. ペットボトルの3/4程度の位置まで
    精製水をいれて、しっかりと蓋をする。

  2. タオルにつつんで冷凍庫へ入れる。
    この時に、実験でつかうお皿やコップも
    一緒に冷やす。

  3. 4~5時間ほどで過冷却水が完成します!

 

ここまでの工程で、過冷却水は完成しますが、
ここからが過冷却の実験の
おもしろいトコロなんです。

 

  1. 冷やしておいたお皿やコップを用意する。
  2. ゆっくりと蓋を開ける。
  3. ペットボトルの中の水を
    一気にコップやお皿に注ぎ入れる!

 

こうすると、注いだ水が
どんどん凍っていくんです!

 

蓋を開けるときに勢いよく開けると
この衝撃で凍ってしまうことが
あるので気をつけてくださいね。

 

冷凍庫に入れたら、
過冷却水を作っている間は

できるだけ冷凍庫の開閉を
しないようにしましょう。

冷凍庫を開閉するときの衝撃で
凍ってしまうことがあるんです。

 

冷凍庫へ入れておく時間も、
冷凍庫の種類などによって差があるので
調節してくださいね。

人とかぶらない自由研究特集がギュッと詰まった!!

 

過冷却水を飲むとどうなる!?実験で作ったら実際に飲んでみよう

過冷却水を作ったら、
ぜひ飲んでみてください

 

コップにうつすとそこで凍ってしまうので、
ペットボトルから直接飲むのがおすすめですよ。

 

口に入った瞬間に
シャーベットのような状態になるんです。

 

凍ったらどうしよう!?なんて
心配になるかもしれませんが、大丈夫ですよ^^

 

体温ですぐに溶けるので安心してくださいね。

 

まとめ

過冷却の実験は、
準備するものも少なく簡単にできます。

 

冷凍庫へ入れる時間や、精製水以外でも
過冷却することはできるのか?なども合わせて
自由研究でやると、まとめやすくなりますよ!

タイトルとURLをコピーしました